2019年1月14日 (月)

大雪山(旭岳) 2019/1/12(土)-14(月)

人それぞれ、好みがあるので無理強いはしませんが、個人的には雪山が最も好きです。

ということで、新年早々は南プスへ行って来ましたが、その後の3連休は、毎度おなじみの北海道の大雪山へ行ってきました。

----------------------------------------------------------------

【行程】

1/12(土):成田空港(バニラ)新千歳空港(バス)札幌駅(バス)旭川駅

1/13(日):旭川駅(バス)山麓駅(ロープウェイ)姿見駅〜旭岳

               〜姿見駅(ロープウェイ)山麓駅(バス)旭川駅

1/14(月):旭川駅(バス)新千歳空港(バニラ)成田空港

----------------------------------------------------------------

1/12(土)ホテル テトラ旭川駅前

※1泊素泊まり3,700円(2泊しました)

Img_2063

夕食は、観光客に人気の大黒屋五丁目支店にてジンギスカン!

本店には以前行ったので、今回は支店へGO!

Img_2065

人気の3種盛りにしましたが、生ラム3人前のほうが良いかも!?

Img_2067

カウンターでひとりジンギスカ〜ン

隣で酒も飲まず、もりもり食ってる人がいたので、全然寂しく無いです。

Img_2070

1/13(日)旭川駅7:11発のバスに乗って旭岳ロープウェイには8:51着。

スキーやーが多く集まっており、始発には乗車できませんでしたが、

無風快晴なんて初めて!!

でもね、風は無くても、暖かいわけではありません。

Img_2073

姿見駅からの旭岳

(避難小屋まではつぼ足では潜ってツライので、スノーシューもしくはワカンは必要です。)

Img_2077

豪快に吹いてますが、風がないので、噴煙が真っ直ぐ。

Img_2081

避難小屋から上は、風で吹き飛ばされてしまうのか、

いつ来ても雪は少なく、ガリガリに凍っています。

Img_2085

七合目でスノーシューからアイゼンに履き替えましたが、トラブル発生!!

Img_2089

八合目付近のちょっと急なところですが、びっちり雪が付いているので、

丁寧に行けば問題なし。

Img_2090

九合目から山頂方面

Img_2091

ニセ金庫岩

Img_2092

旭岳頂上(南プスは冬用のウエアでしたが、今回はレトロなカッパで登りました。)

Img_2096

いつもの山頂からのグルグル

下山(金庫岩)
Img_2105
下山(トムラウシ、オプタテシケ、美英富士、十勝岳、富良野岳等)
Img_2106
八合目付近はちょっぴり急。
Img_2108
登山ではなく、ほとんどの人がスキー!
Img_2110
平地もステキ
Img_2114
ばっちりトレースが付いてますが、つぼ足では潜ってツライのよ!
Img_2117
ロープウェイ姿見駅
Img_2119
ロープウェイから
Img_2120
下山してから、別の店でまたまた2日連続でジンギスカ〜ン!(羊肉酒場)
飲み干しちゃったけど、ボトルも入れちゃったし(笑)
Img_2122
ということで、雪山ってとっても寒いけど、大好きです。
今月末の北横岳、来月の本澤と行く本沢温泉も自分が行きたいから企画しました。
もし、ご賛同いただけましたら、遊びに来てください。
どうぞよろしくお願いしていたします。

2019年1月 6日 (日)

南プス鳳凰山 2019/1/2(水)-5(土)

今年のお正月個人山行は、鳥取の大先輩と南アルプスの鳳凰山を縦走し、芦安温泉を楽しんできました。

【行程】
1/2(水):韮崎(taxi)御座石鉱泉〜鳳凰小屋
1/3(木):〜地蔵岳〜観音岳〜薬師岳〜南御室小屋
1/4(金):〜夜叉神峠(taxi)芦安温泉「岩園館」
1/5(土):芦安温泉(送迎車)御勅使(バス)甲府駅
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1/1(火)、夏沢鉱泉から帰宅せず、韮崎で下車して前泊。
翌1/2(水)、通年営業の御座石鉱泉よりスタート。
Img_1998
Img_2001
Img_2002
燕頭山(つばくろやま)
ここまでが結構急登でキツい
Img_2003
甲斐駒ケ岳がチラリ
Img_2005
オベリスクがアサリの水管に見えてしまい、、、
Img_2006
20年ぶりの鳳凰小屋
Img_2009
冬でも出ている水場(ちなみに、南御室小屋も水が出ていました)
Img_2010
営業最終日のため、夕食は鍋料理一種のみ。
お代わり可で、足りない人はラーメン投入。
今宵の宿泊者は8名。
Img_2012
コタツでプチ新年会
Img_2013
1/3(水)朝食はなんと、お汁粉のみ(餅は追加可)。
こんなの初めて!
Img_2016
出発
Img_2017
地蔵岳は目前
Img_2020
地蔵岳
Img_2023
観音岳へ向けて
Img_2022
北岳がカッコいい
Img_2024_1
観音岳頂上より
観音岳から薬師岳へ
非常に寒かったですが、風が思ったより弱く、快適に縦走できました。
Img_2027
観音岳(右)と仙丈ヶ岳(左)
Img_2031
白根三山(右から北岳、間ノ岳、農鳥岳)
Img_2028
ウェ〜い(バックは北岳)
Img_2032
去年建て直された薬師岳小屋
Img_2041
南御室小屋の夕食(ミニおせちとビーフシチュー)
Img_2043
1/4(金)朝食
Img_2044
南御室小屋(昨夜の宿泊者は5名)
Img_2045
穏やかな木漏れ日の中、静々と下山。
Img_2046
小屋のルールは守りましょう!
Img_2047
夜叉神峠からも白根三山は見えます
Img_2051
午前中に下山しましたが、芦安温泉「岩園館」に後泊して、ゆっくり疲れをとりました。
なお、いつも下山後に入浴していた公共の「山渓園」は残念ですがもう営業しないそうです。
旅館の夕食
Img_2052
1/5(土)朝食
Img_2053
後泊って、なんだかのんびりと優雅で良いですねえ!

夏沢鉱泉 2018/12/31(月)-2019/1/1(火)

今回の毎年恒例「年末年始企画」は八ケ岳の「夏沢鉱泉」を利用し、雪山を楽しんできました。

まず始めに、雪上車で鉱泉まで行く予定でしたが、雪が少なくて桜平より歩かなくては行けなくなりましたが、たった30分なので、全然苦痛ではありません。
Img_1971
日陰は寒く、凍結しているのでアイゼンを履かないと滑ります。
Img_1972
夏沢鉱泉
Img_1974
家の近所の飲み屋で、酔った勢いで発注してしまった16,000円のおせち料理を持参しました。crying
(今回だけの出血大サービス!!)
Img_1976
午前中(11:30)より忘年会スタート!(昼の部)
Img_1977
夜の部1
Img_1978
夜の部2
Img_1979
夜の部3
大盛り上がりの忘年会が終わり、寝床に入ると、嬉しい湯たんぽが全員にサービスしてあり、ぬくぬくと眠ることができました。
朝食はミニおせちとお雑煮
Img_1986
この食欲、流石です!(しかも、これお代わりです!!)
Img_1987
少しだけ散策に出発
Img_1988
夏沢峠(何人か足りない)
Img_1989
東西の天狗岳が見える展望台
Img_1991
箕冠山
Img_1992
なんとか全員集合(笑)
Img_1995
今回の年越し山行も愉快に過ごすことができました。
ネタが尽きてきたので、来年はどこにしようか思案中です。
良い案がありましたら、教えてください。
どうぞよろしくお願いいたします。
さて、新年を迎えまして、私の1回目のプランは、1/20(日)に寄居十二支守本尊まいりハイキング(ビスターリ)を予定しています。遠くない地域の日帰り企画ですので、お気軽にご参加ください。
また、1/26 (土)-27(日)は雪山企画の八ケ岳「北横岳」を予定しています。
ゆるめの雪山ですので、まだまだ雪山を楽しみたい方はぜひお出かけください。
こちらは予約制の山小屋泊ですので、お早めのお申込みをお願いいたします。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2018年12月16日 (日)

滝子(たきご)山 2018/12/16(日)

本来の予定は湯ノ沢峠からスタートし、小金沢連嶺の南部を歩く予定でしたが、12/10(月)より冬期閉鎖により、峠まで上がれないため、行程を滝子山のみへ変更しました。

よって、晴れたけど、チョー風の冷たい日曜日、滝子山へちょいちょいと行って来ました。
【行程】
大月駅(タクシー)道証地蔵〜滝子山〜初狩駅
よりによって、こんな寒い日に日陰の沢沿いのルートを登ります。
Img_1889
不安定な橋
Img_1890
陽が当たると暖かいです
Img_1893
寒いけどけっこう楽しい
Img_1894
滝子山は「たきこ山」ではなく、「たきごやま」と読みます。
山頂ですが、残念ながら富士山が見えません。
Img_1896
山の雰囲気は秋なんですけど、風の冷たさは厳冬。
Img_1900
終始明るい山
Img_1902
富士山が見えるとか見えないとか
Img_1905
なかなか変化に富んだルート
Img_1907
今回は初めての方がいらっしゃいましたので、若干、緊張しましたが、ユニークな参加者の方々と馴染めたようで良かったです。
また機会がありましたら、お出かけください。
さて、来年の1/20(日)は奥武蔵の寄居十二支守本尊本尊巡りハイキング、1/27(土)-28(日)は雪の北八ヶ岳の北横岳を予定していますので、どうぞよろしくお願いいたします。

2018年12月 2日 (日)

谷川岳 2018/12/2(日)

今週末も特に予定が無かったので、土曜日は朝から飲んでからのランチ焼酎、午後は麻雀。

本日の日曜日は日帰りでお散歩(谷川岳)に行って来ました。
土曜日、近所のあまりやる気のない蕎麦屋でランチ焼酎。
Cefa0c0625334834b3c3b0f177de3b7b
日曜日は早起きしました
Img_1822
北陸新幹線の影響か、上越新幹線たにがわ号はガラガラ。
Img_1823
バスからの谷川岳
Img_1824
9時過ぎにロープウェイ乗車。
このギャルズとはこのあと山で会わなかったのですが、一体、どこへ行ったのでしょう?
Img_1827
天神平は雪が少なく、残念ながらスキー場の営業開始は延期。
Img_1828
雪が少ないので冬道は使えず、夏道を行きます。
Img_1831
谷川岳
やはり真っ白にはなってないですね
Img_1832
熊穴沢避難小屋
Img_1835
鎖場のところが融けてしまって歩きにくいですが、それ以外は凸凹が雪で埋まって良い感じでした。
Img_1836
終止、晴天。
大汗かいて登りました。
Img_1841
雪は多くないけど、良い感じ。
Img_1844
仙ノ倉山方面もステキ
Img_1846
いよいよ
Img_1848
トマの耳
Img_1850
肩の小屋は営業していません。
避難小屋となっています。
Img_1853
やっぱり雪山は好きだ!
Img_1856
コレ、少しやってみようかしら?
Img_1857
ロープウェイ山麓駅には、私の大好きな酎ハイ「もぎたて」シリーズが充実!!
Img_1863
条件が良ければ往復で3時間半のちょいちょいで登れる日帰りの山ですが、少しでも荒れると熊穴沢避難小屋まで4時間もかかってそれ以上前進できないようなシビれる山です。
だから、雪山って面白いんですよねえ。
さて、年末の12/29(土)-30(日)に雪山初級者向けに入笠山を予定しています。すごく展望が良く、行程も楽なので、ご都合が良ければお出かけください。でも、現在イマイチなので、中止になるかもしれませんので、興味がある方は事務局へお問い合わせください。どうぞよろしくお願いします。

2018年11月25日 (日)

北小金沢連嶺 2018/11/23(金)-24(土)

一夜にして秋から冬に変わってしまった大菩薩を愉快な皆さんと縦走して来ました。

行程

1日目:塩山駅(タクシー)柳沢峠〜大菩薩嶺〜大菩薩峠(介山荘)
2日目:〜牛奥ノ雁ヶ腹摺山〜湯ノ沢峠(タクシー)天目山温泉(バス)甲斐大和駅
青梅街道の柳沢峠から出発します
Img_1726
苔生す静かな樹林帯を進みます
Img_1728
丸川峠
Img_1732
丸川峠でようやく富士山登場
Img_1733
お日さまが暖かい
Img_1735
難なく大菩薩嶺登頂!
Img_1737
雷岩(ここからが大展望のメインルート)
Img_1741
Img_1743
Img_1745
Img_1746
Img_1750
宿泊する介山荘の建つ大菩薩峠に到着
Img_1754
サービスの勝沼ワインでカンパ〜イ
Img_1756
ボリューム満点のオカズ(ご飯はカレーライス)
Img_1757
食後は「紀子さまショー!」
Img_1759
Img_1761
小屋からのお願い
Img_1762
Img_1770
コレ、嬉しい人もいるんじゃない?
Img_1771
朝食
Img_1764
一夜で冬になっちゃった
Img_1772
2日目はここからスタート
Img_1777
思ったより寒くない
Img_1779
徐々に明るくなって来た
Img_1783
ほらね
Img_1785
とってもキレイ
Img_1788
やっぱり、日陰はとっても寒いよう
Img_1791
やっぱり富士山は白いのが良い
Img_1793
この木を撮れと言われたので撮りましたが、上手く撮れた?
Img_1797
梅か桜か
Img_1801
牛奥ノ雁ヶ腹摺山
Img_1803
終盤は泥との闘い(笑)
Img_1808
ドロドロでゴ〜ル(湯ノ沢峠)
Img_1810
来月の16日(日)、湯ノ沢峠からスタートし、南部を歩く予定でしたが、12/10(月)に林道が冬季閉鎖となってしまうため、峠まで行けません。
よって、誠に申し訳ありませんが、道証(みちあかし)地蔵から滝子(たきご)山に登頂し、初狩駅に下りるルートへ変更します。
なお、来春、林道が開通したら改めて後半部分を歩きたいと思いますので、こちらも合わせてよろしくお願いいたします。

2018年11月11日 (日)

弓立山 2018/11/11(日)

とっても愉快な皆さんと、展望のとても良い奥武蔵の低山を歩いて来ました。

歩き出すのは八高線の無人駅のJR明覚(みょうかく)駅。
なかなか渋い駅です。
Img_1687
朝イチからテンション高い!
Img_1689
ちょっぴり急登
Img_1691
ガイドブックには展望が良いと書いてありましたが、正にその通りでした。
Img_1693
いろんな山の話に花が咲いて山頂で休憩し過ぎ(笑)
Img_1696
都幾川の里は、様々な実がなっていてとても楽しい。
Img_1697
他人のオートバイですが。。。
Img_1703
特にランチは予定していませんでしたが、みんなが食べたいって言うから。
Img_1705
ここはそば打ち体験ができる「いこいの里大附 そば道場」と言います。
Img_1706
結構歩いたんですけど、そばのおかげがとても元気な方がいらっしゃいます。
Img_1709
梅の時期でない越生梅林は全く魅力なし。
Img_1712
越生駅への道すがら、珍百景か?
Img_1714
ということで、今回もとても楽しい1日となりました。
次回もまた楽しく過ごせますよう
どうぞよろしくお願いいたします。

2018年11月10日 (土)

八重山諸島の旅 2018/11/2(金)前泊-6(火)

「ずいぶんやけてるね」と会う人会う人によく言われるので、山ではないですが報告します。

9月、10月と、結構山に行っていたので、先週末から4日間、久しぶりに南の島へ行って来ました。
11/2(金)
まずは羽田発が早朝の時には必ず前泊するので、その際、必ず寄る北品川の「権太郎」で一杯。今まで何度も言ってますが、このお店の煮込みが大好物なのです。
Img_1613_1
軽く炙ったレバーも好きです
Img_1615_1
軽く炙ったハラミも好きです
Img_1616
11/3(土)
翌土曜日、石垣空港からバスに乗り、石垣港まで来ましたが、ちょうどお昼だったので、昼から呑める店「せんべろ風土」で鳥刺しで軽く一杯。
Img_1617
観光客のいない静かな竹富島に来ました。
Img_1619
夜は飲みに行こうと思っていたため、素泊りの格安の宿にチェックインしましたが、ちょうどこの日、石垣祭りのため、飲み屋休業、売店も発見出来ず、飲まず食わずの寂しい夜を過ごしました。安い宿なので、上には誰もいませんが2段ベッドの下が私のスペース。(素泊り3,200円)
Img_1620
11/4(日)
お腹が空いているので、1便のフェリーで石垣島へ戻りますが、ちょっと気になった沖縄らしい郵便局。
Img_1621_1
竹富島の夜明け
Img_1623
石垣港へ戻ったら、これから行くはずの「鳩間島」へのフェリーが欠航の案内。
Img_1626
まずは、昨夜の栄養の不足分を港の食堂で回収し、今日はどうするか考えます。
Img_1627_1
朝8時から呑んで食べれて安い港の食堂は嬉しいですね。
Img_1629
ダメ元で電話した島一番人気の「民宿うるま家」がです、ちょうどキャンセルが出て取れたため、日本最南端の波照間島に決定!
Img_1630
高速船で約1時間
Img_1635
ニシ浜(トマトで一杯)
Img_1637
11/5(月)
民宿うるま家でのディープな夜は泡盛飲み放題により、夕食は撮り忘れ、何を食べたかも覚えていないので、いきなり朝食ですが、胃に優しくて良かった。1泊2食付き5,000円
Img_1645
確かに美味しいのですが、なかなか手に入らない泡盛の泡波の酒造所は表から見たのみ。
Img_1649_1
以前この島に訪れた際、三線のライブを聴いた後冨底周二さんが若くして61才で今年亡くなったそう。とても残念です。
Img_1650
波照間島
波照間島より石垣島へ戻り、黒毛和牛の島「黒島」へ来ました。
仲本海岸より
Img_1666
小笠原同様、海岸は砂ではなく、ほとんどサンゴです。
Img_1660_1
民宿くろしまの夕食(グルクンの唐揚げが主菜、ソーメンチャンプルもオカズですが炭水化物が被った)1泊2食付き6,000円
Img_1667_1
泡盛は氷付きで嬉しい飲み放題
Img_1668
石垣の離島の民宿はだいたいこんな感じですが、ここはかなり良い方です。
Img_1669_1
11/6(火)最終日
民宿くろしまの朝食
Img_1670
流石に牛の島で、牛の声で目が覚めました。
Img_1671_1
今回の旅は公共交通機関は別として、クルマやバイクは一切使わず、基本的に徒歩でした。
Img_1672
また、石垣港に帰って来ましたが、港ですらやっぱり海の色がキレイ。
Img_1675_1
最後は飛行機の時間までせんべろ風土の「酢もつ」で一杯やって帰りました。
Img_1678_1
以上、南の島の歩く旅も結構楽しいです。
機会がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。
ところで、年末(12/29−30)の雪山入門「入笠山」が絶賛募集中です。
山頂の展望が非常に良く、体力的にはかなり楽な雪山で、宿泊するマナスル山荘はコップ持参で2,000円(16:00-20:00)で飲み放題という酒飲みには嬉しい宿ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

2018年10月29日 (月)

浦戸諸島 2018/10/27(土)-28(日)

先週末、復興支援企画にて宮城県の日本三景「松島」へ行ってきました。

【行程】
初日:「四大観(偉観:多聞山、幽観:扇谷、麗観:富山、壮観:大高森)」の観光。
2日目:フェリーに乗って、塩釜〜桂島〜野々島〜寒風沢島〜朴島〜塩釜。
偉観:多聞山(朝から雨でしたが、駐車場に到着した頃は雨が上がり、ホッとしました。)
Img_1547
ちょっと暗いですが、だんだん明るくなってきました。
Img_1548
海が見えた!
Img_1552
幽観:扇谷
Img_1553
なぜか松ぼっくりでいっぱい(笑)
Img_1556
ランチです1
Img_1562
ランチです2
Img_1563
ランチ会場
Img_1564
麗観:富山
Img_1565
Img_1567
Img_1571
壮観:大高森
Img_1574
すっかり晴れましたね
Img_1576
2日目、本塩釜駅からマリンゲート塩釜へ向かいます。
Img_1577
マリンゲート塩釜(ここからフェリーに乗り、桂島、野々島、寒風沢島、朴島と渡り歩きます)
Img_1578
海上保安庁の「くりこま」
Img_1580
海上保安庁の「ざおう」
Img_1582
海苔の養殖
Img_1584
桂島で降りて渡り歩き、朴島から塩釜へ帰ります。
Img_1585
桂島のコンビニ(やってないし)
この島(4島)には飲み物の自販機はありましたが、売店がないので、食料は持参する必要があります。
Img_1590
完成した堤防により、美しい浜が見えない。
Img_1591
郵便局跡
Img_1592
浦戸諸島最高点
Img_1593
船がいない場合は、ここから電話で無料の渡し船に来てもらいます。
Img_1595
陽気な船頭さん
Img_1596
ゴーン!!
Img_1598
ブランコ楽しい
Img_1602
椿の回廊
Img_1600
浦戸諸島はネコがいっぱい
Img_1603
渡船は長くても10分弱しか乗りません
Img_1604
こちらも出来たばかりの防波堤
Img_1605
どこから見ても、キレイな風景。
Img_1608
顔が真っ白なお地蔵さん
Img_1609
ここは菜の花がいっぱい咲くところ。
朴島はゴールデンウィーク頃が見頃だそうです。
Img_1611
朴島から帰ります。
Img_1612
今回もまた楽しい旅になり、ありがとうございます。
また復興支援企画を開催しますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

2018年10月22日 (月)

鈴ヶ岳 2018/10/20(土)

献血してから川越祭りで一杯やって過ごそうと思っていた週末の土曜日、急遽、赤城山系の鈴ケ岳へ行ってきました。

鳥居の中の山が今回の目的の山「鈴ヶ岳」。
上手く撮れたでしょう!?狙ったんですよ〜!
Img_1506
赤城山
Img_1507
スタート地点の売店
Img_1508
ツツジが沢山咲くらしいところを横目に進みます。
Img_1509
すこし寒いけど天気は上々
Img_1511
なんとなく秋ですね
Img_1514
ようやく色付いてきた
Img_1519
なんちゃって岩場
Img_1524
地味な山頂
Img_1526
登るときは見れなかった紅葉
Img_1528
結構良い雰囲気
Img_1536
百名山ハンターの方は行かないと思いますが、なかなか面白い山でした。
Img_1537
今週末は、復興支援企画で「浦戸諸島トレッキング」を予定していますので、どうぞよろしくお願いいたします。

2018年10月19日 (金)

那須岳 2018/10/16(火)前泊-18(木)

平日ですが、紅葉真っ盛りの那須の山を温泉旅館に泊まって歩いてきました。

初日は日本秘湯を守る会の宿の「大丸温泉旅館」に前泊。
ちなみに、西方面の方は「だいまる」と読みますが、ここは百貨店ではないので、「おおまる」です。
【行程】
1日目:大丸温泉旅館泊
2日目:山麓駅〜山頂駅〜茶臼岳〜朝日岳〜三本槍岳〜三斗小屋温泉泊
3日目:〜牛ヶ首〜山頂駅〜山麓駅
温泉に浸った後は女性に優しい夕食。
もちろん、酔っ払いにも優しいです。
Img_1419
Img_1420
2日目の朝
なぜか、温泉卵、鮎、サラダが追加された豪華な朝食…。
Img_1422
プライベートなら手前の安い宿「ニューおおたか」ですが、
今回はヤボ用なので奧の高い方に宿泊。
Img_1423
良い宿は玄関が特にステキ
Img_1427
登山初日はチョー寒い曇り
Img_1430
紅葉のトップシーズンなのでロープウェイも大混雑
Img_1434
那須じゃなくてガス
Img_1437
どんより
Img_1438
真冬のように寒く、手が冷たいため、恒例の1周動画も撮る気が起こらない山頂。
Img_1441
遠足の小学生がいっぱいの峰の茶屋跡避難小屋
Img_1446
朝日岳へ
Img_1454
朝日岳
晴れてきた
Img_1457
清水平から三本槍岳方面
Img_1458
那須連山最高峰の三本槍岳山頂(またガスってしまったので動画は無し)
Img_1459
ガスが取れてきた
Img_1460
左が朝日岳、右が茶臼岳
Img_1463
熊見曽根から
三斗(さんど)小屋温泉の源泉
Img_1473
すっかり秋ですね
Img_1478
煙草屋旅館に到着
Img_1479
Img_1490
夕食1
夕食も朝食も太鼓が鳴ったら集合です
Img_1481
夕食2
Img_1483
ご案内
Img_1484
売店メニュー
Img_1485
宿泊料金
Img_1488
朝食
Img_1486
6時半朝食、7時半出発
Img_1491
姥ガ平から茶臼岳
Img_1493
牛ヶ首直下
Img_1497
牛ヶ首より
ロープウェイから
Img_1500

2018年10月15日 (月)

会津朝日岳2018/10/14(日)

毎回、蒲生岳はこの山に登るために組み合わせる都合の良い山です。

さて、民宿や旅館は災害の復旧工事関係者が多く泊まっていて、一人ではなかなか泊めてくれませんが、只見の公共の温泉宿泊施設「湯ら里」は一人でも泊めてくれるとてもありがたい宿です。
Img_1350
地酒「花泉」利き酒セット!
Img_1355
こんなおかずが良いのです。
Img_1359
登山口を間違えましたがなんとか5時半にスタート。
Img_1361
最後の水場
Img_1363
どんどん良い感じになってきた
Img_1365
ほら!
Img_1371
浅草岳
Img_1376
会津朝日岳(左の草が付いているところから上がります)
Img_1388
水はありませんが避難小屋はあります
Img_1393
水さえ持ってくれば、使えます!!
Img_1394
道が滑ってよくない
Img_1399
山頂
山頂より、ここの方が高くて展望が良いのでした。
この尾根を戻ります
やっぱり、東北って良いですよねえlovely
Img_1411
随分降りてきました
Img_1415
ゴール!
Img_1417
お知らせ!
朝日岳とは関係ありませんが、来年、「飯豊山」を会員限定で寝袋も食糧も背負わないで済む「ほんちゃんスペシャルプラン」で検討しています。乞うご期待!
※注:年末のマナスル山荘に宿泊する忘年会企画「入笠山」は、コップ持参で2,000円(コップが無いと2,500円)、16〜20時の間、(生ビールも含む)飲み放題です。ご予約はお早めにお願いいたします。

蒲生岳 2018/10/13(土)

2週も連続で仕事だったので、今週末は自分の山。

会津のマッターホルンと呼ばれるこの山は、南会津郡只見町、上越線長岡駅から約80kmの位置にあり、この地域は自宅から非常に遠いので、行くだけで昼近くになってしまうため、その日は普通は山に登れません。
しかし、この山はゆっくり登っても2時間はかからないので、足慣らしにもちょうど良いのです。
今回は休憩をしないで登ったので、ちょうど1時間で登頂。
Img_1316
草ボウボウの会津蒲生駅
只見駅〜会津川口駅間は2011年の豪雨のせいで、依然として不通です。
また、復旧工事が進んでいないのは、費用の問題とのこと。
Img_1319
只見方面は雑草で覆われてしまった
Img_1321
のどかな集落
Img_1326
何気に岩の多い山
Img_1329
暖かすぎて、間違っちゃった!?
Img_1331
ゆるい方は下山に使うので、左から上がります。
Img_1332
ちょいちょいで下山
Img_1346
姿の良い山
Img_1349
こんなのを拾っていたので、下山の方が時間がかかりました。bleah
Img_1353

2018年10月 9日 (火)

飯豊山 2018/10/6(土)-8(月)

台風接近の3連休、紅葉を観ながら夏油温泉でまったりと湯治の予定でしたが、個人ガイドの依頼をいただいたので、急遽、「飯豊山」へ行ってきました。

よりによって、アタック日が悪天候となってしまいましたが、それはそれで楽しい山行となりました。
最短コースの大日杉登山口よりスタート
Img_1140
紅葉いい感じです
Img_1153
どんどん良くなって来た
Img_1155
後ろは地蔵岳
Img_1181
本山方面(本山小屋の経っているところ付近)
Img_1183
御坪のちょい手前
Img_1187
Img_1195
湧き水が豊富な種蒔山直下
Img_1199
縦走路に出た!
Img_1204
翌日むかう山
Img_1206
切合(きりあわせ)小屋到着
Img_1207
夕食
天気が良いので、やたらとブロッコリーを食うカップルと一緒に。
Img_1208
散らかした寝所(笑)
Img_1210
2日目の朝、台風の影響で暴風雨。
停滞を決めていたが、あまりにも暇なのと、風雨が少し弱まったので、山頂を目指してみることにしました。
Img_1216
祝 登頂!
3回目でようやく登頂できました。
Img_1218
帰りに本山小屋に寄ったら、小屋の関係者の方にオニオンスープとネーブルをご馳走になりましたが、虹も出て来て、天候は改善の方向に向かっています。
Img_1221
下山する最終日は朝から快晴
Img_1242
小屋は今日で閉めます(明日から完全な避難小屋)
Img_1243
名残り惜しいですが下山します
飯豊はいいで
Img_1244
同じ道を下りますが全然飽きない
Img_1261
何度も振り返っちゃう
Img_1263
結構長い紅葉の尾根
Img_1270
そろそろお終い
Img_1290
お祝いはチョー美味い米沢牛をしゃぶしゃぶでサラッと!!shine
Img_1310_2
結構暇なので、規格プラン以外の個人ガイドをご希望の方はご相談ください。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

2018年9月24日 (月)

谷川連峰縦走 2018/9/22(土)-24(月)

お彼岸を含む三連休、個人ガイドプランで、谷川連峰のロングルートを歩いて来ました。

2日目の本番は、3時出発でゴールは約15時。実に12時間行動となりましたが、とても天候に恵まれ、快適な縦走となりました。
【行程】
1日目:越後湯沢駅(バス)平標登山口〜平標山の家
2日目:〜平標山〜仙ノ倉山〜万太郎山〜谷川肩の小屋
3日目:〜天神平
Img_1011
今回は上信越自然歩道から平元新道を使って、直接、平標山の家に向かいました。
Img_1013
いい感じ
Img_1014
紅葉始まってますね
Img_1015
登山口から1時間ちょっとの「平標山の家」。
3連休だというのに、空いてました。
Img_1018
夕食(栗ご飯なんて、何十年ぶり!?)
Img_1020
3時出発のため、真っ暗な平標山。
Img_1027
5時前、仙ノ倉山に到着(今回の依頼主は誰でしょう?)
Img_1035
さあ、これからが谷川岳へ向けての本番です。
Img_1037
仙ノ倉山東斜面がなかなかの紅葉でした。
Img_1038
仙ノ倉山、でっかい!
Img_1057
美しい縦走路ですが、左上が中間地点の万太郎山、先はまだまだ遠い。
Img_1062
エビス大黒ノ頭を下りきりました
Img_1066
全然、近づかない…。
Img_1067
万太郎山に近づくにつれ、紅葉してきました。
Img_1094
展望抜群の万太郎山
遠い遠い万太郎山
Img_1096
紅葉の万太郎山
Img_1100
この縦走路の中で唯一水場があり、比較的きれいな「オジカ避難小屋」を通過。
Img_1103
この先、ガスったヤセ尾根を登りきり、谷川肩の小屋に到着。
3時出発15時到着の実に12時間の長時間行動でしたが、16時着を目標にしていたので、1時間も余った大成功の縦走でした。
肩の小屋の夕食(山は混んでたみたいですが、小屋は空いていました)
Img_1114
夕食2
Img_1115
夜から朝にかけてだけ、宿泊者のみに解放される屋内の水洗トイレ。
天水のため、水が溜まるのが遅いですが、家のトイレと遜色ない臭くない普通の水洗トイレ!!
Img_1116
朝食1
Img_1118
朝食2 いただきま〜す
Img_1119
下山前にちょろっと山頂へ
Img_1124
トマの耳
オジカ沢ノ頭も万太郎山も仙ノ倉山も、ましてや右奥には苗場山も見えました。
Img_1127
トマの耳からの雲海も素晴らしい(左端には燧ヶ岳と至仏山、正面には日光白根山)
Img_1130
肩の小屋(この乗っ越してくるガスもまた良い感じ)
Img_1131
下山します
Img_1134
以上、今回は結構ハードなルートの個人ガイドプランでしたが、できる限り、ご要望にお応えできるよう努力しますので、お気軽にご相談ください。
と言いつつ、来月も結構厳しい山の個人ガイドプランを予定しています。(笑)
乞うご期待!

2018年9月18日 (火)

雲取山 2018/9/7(金)-8(土)

報告が前後しますが、先々週、休暇を取って西穂に行く予定でしたが、天候が悪そうなので中止。

せっかく取った休みなので、どこかへ行こうと思い、天気の良さそうな地域を探したら、東北、栃木、群馬、新潟、山梨がダメ、東京、神奈川、さいたまがまあまあということで、無難な雲取山へ行くことにしました。
おなじみの鴨沢からだと面白く無いので、秩父の三峰神社から入山しようと思ったのが大失敗。
平日だというのに、三峰神社行きのバスがチョー満員。結局、西武秩父駅から終点までの75分間立ちっぱなし。登る気半減。
なお、神社は興味がないのでパス。
Img_0794
台風21合の影響か、激しい倒木多し。
Img_0801
杖代わりの棒も多し。(笑)
Img_0803
くぐるのが困難
Img_0807
両神山が見えたので、天候はまずまず。
Img_0812
霧藻ヶ峰霧藻ヶ峰は休憩のみ利用可です。
Img_0815_2
白岩小屋は廃墟です
Img_0824
だそうです1
Img_0832
だそうです2
そんなに危なそうなところは感じませんでしたが、注意しましょう。
Img_0839
ひっそりとした雲取山荘
Img_0841
夕食
Img_0842
朝食
Img_0843
雲取山荘前の水量豊富な水場でたっぷり補給します
Img_0845
山頂(手前が東京都の標識で、奥が今年の山の日に秩父山岳会が建てたという棒)
Img_0847
山梨の標識は避難小屋のそばにあります。
Img_0849
奥多摩小屋が無人になりました。
そして、テントもトイレも来年の春までで使えなくなります。
Img_0844
下ります
Img_0857
山あるある:下りると晴れる
Img_0859
堂所より下の水場(なぜか鍋)
Img_0872
台風は電柱も倒す!
Img_0875
今回の目的の一つでもありますが、鴨沢バス停のそばにできたこのお店のご主人に会いに来ました。
安達太良山くろがね小屋の元小屋番です。
行くたびに同じ会話を繰り返しました。
私:「こんにちは、またよろしくお願いします。
ご主人:「あ〜、確か、三沢基地の人だったよね?」
私:「自衛隊じゃありません、会社員です。」
ご主人:「そうだっけ?」(笑)
Img_0878
機会がありましたら、寄ってみて下さいね。

2018年9月17日 (月)

裏岩手 2018/9/15(土)-17(月)

大雪山と同時期、本州で一番最初に紅葉するという三ツ石山から岩手山へ縦走してきました。

奥産道網張ゲートから出発します。
ちなみに、「奥さん、どう?」ではありません。(笑)
Img_0891_2
林道40分、登山道30分で今回宿泊する小屋に着きます。
Img_0892
今回、枯れているんじゃないかと心配していた
小屋手前200mくらいの水場。
(ザブザブとまではいきませんが、それなりに出ていました。)
Img_0899
三ツ石小屋は湿原の中にあります
Img_0897
湿原好きにはたまらない風景ですな
Img_0898
とりあえず、早く小屋に着いちゃったし、
山頂までたったの30分なので、
ちょいちょいと向かったところ、シロバナのリンドウ発見!
Img_0900
上がってみてビックリ。山頂直下は紅葉まってました!!
Img_0902
山頂だ、イエー!!
Img_0909
山頂だ、イエー!!その2
Img_0912
山頂だ、イエー!!その3
初日の夕食はサイコロステーキとミネストローネでした。
Img_0916
翌朝、三ツ石避難小屋を岩手山に向けて出発。
Img_0929
遠いなあ
Img_0934
2日目、晴れました!
Img_0936
休憩が気持ちいい
Img_0939
まだまだ先だけどなんとなく良かったのでパチリ
Img_0941
御花畑で休憩
Img_0949_2
当初は8合目の予定でしたが、建て替えたばかりのキレイな9合目不動平小屋に変更。
しかし、8合目から水(16リットル)を運ぶのがキツかった〜!
なお、2泊目の夕食は痛恨のキムチを忘れたキムチ鍋が主食となってしまいました。
Img_0952
3日目最終日、岩手山に最短の小屋から出発。
Img_0955
どんよりしていますが降ってません
Img_0958
お鉢巡り
Img_0965
強風の山頂
山頂だ 寒いだ
Img_0969
御鉢の中
Img_0972
安全地帯(平笠不動避難小屋付近)
Img_0979
次回は、10月下旬に「浦戸諸島」を予定していますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

2018年8月19日 (日)

谷川岳 2018/8/18(土)前泊-19(日)

私担当で天神尾根往復で谷川岳の予定でしたが、参加者数が少ないため、残念ながら中止になりました。

しかし、天候が良く休むのももったいないので、巖剛新道から西黒尾根経由で谷川岳へ行ってきました。
さて、前泊の土曜日、バスの運転手さんが常宿(湯檜曽温泉 永楽荘)の玄関前で降ろしてくれました。とても嬉しいサービスです。
(酒さえ飲まなければ)身体にとても優しい夕食
Img_0761
朝食
Img_0763
なぜか、タクシーが全く予約できず、早朝出発を諦めていたところ、女将さんが真っ赤なマイカーでロープウェイ駅まで送ってくれたため、予定通り、巖剛新道を登ることができました。
Img_0764
登山口までは舗装路をトボトボ歩かないといけません。
Img_0765
けっこうな急登です
Img_0768
西黒尾根と合流して少し登ったところ
Img_0770
トマの耳、オキの耳が見えてきました
Img_0772
13時前に「トマの耳」到着
Img_0773
あっちのオキの耳はいつものようにパス
Img_0774
肩の小屋周辺も真っ白になってきちゃった
Img_0776
で、また小屋でこんなTシャツ買っちゃった。しかもピンク!!
Img_0784
以上、今夏の山はこれで終わりです。
来月もよろしくお願いいたします。

2018年8月18日 (土)

仙丈ケ岳 2018/8/10(金)前泊-12(日)

天候が不安定な中、なんとか雨にやられず、

登ってくることができました。
さて、恒例の甲府での前夜祭は、なじみのお店、
その名も非常時分かりやすい「駅前屋」で軽く一杯。
Img_0713
久し振りの南アルプスはずいぶん変わっていました。
広河原でソフトバンクが使えるようになっており、
北沢峠では圏外でしたが、仙丈ヶ岳の稜線でも使えました。
Img_0714
今回は、大平山荘(注:おおだいら山荘)を経由して、
沢コースを辿りました。
Img_0718
猛暑の影響(大平山荘の裏の登山口に設置されていた)
Img_0719
やはり沢コースは涼しい
Img_0720
トリカブトって結構スキ!
Img_0724
怪しい雲が
Img_0726
今回の宿は、馬の背ヒュッテ。
混雑してたらやだなあと思っていたら、意外に空いていてビックリ。
Img_0727
夕立ちにやられる前に到着して、早速ミーティング開始。
日本酒を注いでくれたのが、若くて綺麗な美人女将!
チョー嬉しい!
Img_0729
飲み比べセットで、カンパーイ!!
Img_0730
夕食
Img_0731
朝食1
Img_0736
朝食2
Img_0735
5:30出発
Img_0737
これから仙丈ヶ岳に行く人は注意してください。
(馬の背ヒュッテにて)
Img_0734
朝日を浴びて出発
Img_0739
出発した時は天気が良かったのに
Img_0741_2
仙丈ヶ岳がガスってしまった(;_;)
Img_0743_2
仙丈小屋もすっかり白く覆われてしまった
Img_0744_2
仙丈ヶ岳(3,033m)
Img_0746_2
真っ白ですが、雨にはやられず登頂できました。
尾根も涼しい
Img_0749_2
仙丈小屋直下には雷鳥の親子がいましたが、
このルートでは見ることができませんでした。
Img_0750_2
小仙丈ヶ岳
Img_0751
8月19日(日)の谷川岳は中止になりましたので、
これで今夏の山はお終い。
来月は避難小屋泊で、裏岩手連峰縦走を予定していますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

2018年7月18日 (水)

尾瀬国立公園縦走 2018/7/14(土)-16(月)

よく晴れた猛暑の3連休、公募の山行は中止になりましたが、同じ行程で個人ガイドにて尾瀬へ行って来ました。

行程は、1日目大清水〜尾瀬沼(長蔵小屋)、2日目尾瀬沼〜燧ケ岳〜尾瀬ケ原(第二長蔵小屋)、3日目第二長蔵小屋〜尾瀬ケ原〜至仏山〜鳩待峠。
通常は大清水から歩き始めますが、一ノ瀬休憩所までの徒歩約1時間の砂利道がいつの間にかシャトルバス(700円)で行けちゃうのでした。利用しない手はないですよね!?(笑)
Img_0569
今回の個人ガイドの依頼主はこの方(アップはやめてと言うのでちょっと遠目にしておきます)
Img_0572
冷たくてチョー美味しいお水
Img_0574
尾瀬沼からの燧ケ岳
Img_0577
長蔵小屋(尾瀬沼)の初日夕食(メインはハンバーグ)
Img_0581
2日目、長蔵小屋(尾瀬沼)の朝食
Img_0582
出発前にシブい長蔵小屋(尾瀬沼)の内部をパチリ
Img_0583
「まさかこの花は!?」と思って小屋の人に聞きましたが、誰かが移植して根付いちゃったというヒメサユリが小屋前に結構咲いていました。
Img_0584
2日目、長蔵小屋(尾瀬沼)から燧ケ岳を目指します。
Img_0585
ニッコウキスゲがいっぱい
Img_0586
尾瀬沼と日光白根山
Img_0591
東北最高峰の燧ケ岳、ここは目前のミノブチ岳(2220m)だよ〜ん!
Img_0599
爼嵓(まないたぐら)(2346m)
Img_0603
嵓からの柴安嵓(しばやすぐら)
Img_0604
柴安嵓からの
Img_0606
柴安嵓(しばやすぐら)(2356m)
Img_0608
燧ケ岳からの尾瀬ケ原&至仏山
Img_0610
尾瀬ケ原見晴の第二長蔵小屋
Img_0612
2日目夕食(メインはサバ味噌煮)
Img_0613
3日目朝食(メインはビミョー)
Img_0615
第二長蔵小屋(尾瀬ケ原)の充電コーナー
尾瀬沼の長蔵小屋は各部屋にコンセントがありましたが、尾瀬ケ原の第二長蔵小屋の電源は階段の途中にありました。なお、どちらの小屋もメールはなんとかできますが、動画は送・受信ともに厳しいです。
Img_0616
第二長蔵小屋(尾瀬ケ原)
Img_0617
燧ケ岳を背に至仏山を目指して尾瀬ケ原を歩く
Img_0622
これから目指す至仏山
Img_0630
終始、景色のよい尾瀬
Img_0642
至仏山
Img_0655
至仏山から小至仏山へ
Img_0660
ワタスゲもそろそろ見収めの下山
Img_0666
番外編(指定席が無く、自由席ももちろんいっぱいで、デッキにいた遠征帰りのサッカー少年たち)(笑)
Img_0667

今月の担当プランは終了しました。
来月は南ア仙丈ケ岳、谷川岳の2本を予定していますので、どうぞよろしくお願いいたします。

2018年7月 9日 (月)

会津駒&中門岳 2018/7/7(土)-8(日)

大雨のニュースで不安な方もいらっしゃったようですが、

この山域は影響が少ないと判断したため、予定通り行きました。

しかし、多少の雨は予想していましたが、雨具を着ることもなく、
静かな登山をすることができました。
まずは、しなくてもよい前泊「鬼怒川温泉」。
夕食は出前(サラダ、しょうが焼き、酢の物)
Img_0487
とても静かな鬼怒川温泉駅
Img_0488
2両しかないのに誰もいない
Img_0489
タクシーで登山口ギリギリまで上がりました。
バスだと国道から歩かないといけないので、
ずいぶん短縮できました。
Img_0491
意外に涼しい森の中
Img_0493
駒ケ岳が見えて来た
Img_0495
小屋直下1
Img_0496
小屋直下2
Img_0498
駒の小屋(避難小屋ではありません。
管理人はいますが、自炊です。
寝具あり、定員28名の予約制で3,000円。
飲料水は購入してください。
食事用の水は持参するか、小屋で分けてくれる天水を煮沸。)
Img_0500
楽しい自炊は宿泊者みんなでワイワイと
Img_0501
小屋で分けてくれる天水は大事に使いましょう
Img_0502
翌朝、中門岳へ向けて出発。
Img_0503
駒の小屋と燧ケ岳
Img_0505
やっぱり雪が好き!
背後の駒ケ岳は右側から巻いて、中門岳に向かいました。
Img_0507
今の時期はハクサンコザクラがいっぱい
Img_0512
可憐だ
Img_0513
中門岳1
Img_0518
中門岳2(私たちのほか、美女二人heart04
Img_0521
中門岳3(素晴らしい湿原でした)
中門岳はチョーオススメです。駒ケ岳往復だけではもったいない!
Img_0527
このあと、駒ケ岳へ向かいましたが、そこで痛恨のミス、山頂の集合写真を撮り忘れました。
でも、みなさん、中門岳のほうがとても良かったので、別に良いとのこと。
優しい方々で良かったです。
途中にある唯一の水場
結構降りますので、戻ってくるのがしんどいですが、チョー冷たい美味しい水でした。
Img_0533
ゴールは国道に出たら700mの檜枝岐の「駒の湯」(500円也)
Img_0534
駒の小屋に泊まらないと買えないTシャツ1(背面)
Img_0535
駒の小屋に泊まらないと買えないTシャツ2(全面左胸)
Img_0536
帰りの会津高原駅で、チョー久しぶりのおなじみさん「あ○まさん」にお会いしましたが、私のブログをよく見てくれてるとのことでしたので、もう少し頑張って更新しようと思いました。
さて、今後の私の少ない予定ですが、
下記を予定していますので、
どうぞよろしくお願いいたします。
7/14(土)ー16(月):燧ヶ岳から至仏山
8/10(金)前泊ー12(日):南ア仙丈ケ岳
8/18(土)前泊ー19(日):谷川岳

2018年6月17日 (日)

苗場山 2018/6/16(土)-17(日)

2週連続で苗場山へ行って来ました。

先週末は長野県の栄村の小赤沢三合目から上がりましたが、今回は新潟県湯沢町の和田小屋から登りました。
同じ山でもルートが異なると気分が変わるので、全然、問題ありません。
以前、伯耆大山に3日連続で上がった時がありましたが、あの時は同じルートを3連チャンでしたので、ちょっと苦痛でしたが、、、(笑)
またまたしなくても良い湯沢温泉で前泊。
(※参考までですが、ニューモンドという格安の宿です)
Img_0400
ガスってますが、梅雨で台風のわりにはまずまずの天候の登山口の和田小屋からスタート。
Img_0402
イワカガミいっぱい
Img_0404
登山道にはもう雪はありません
Img_0405
今回のというか、私の一押しはこの花!
ナエバキスミレだ!!
Img_0407
二番目は「あ○さん」が好きなシラネアオイです。
Img_0408
ガスっててもステキな苗場山の山頂湿原
Img_0411
鳥取産タマネギがメインの天ぷらでミーティング
(今年は雪解けが早すぎてフキノトウは収穫できず)
Img_0414
先週末は宿泊者が少ないのでカレーライスでしたが、今週末はちょっとやる気を出してくれました。(ナスの揚げ浸しと豚汁がチョー美味)
Img_0416
今週の寝所
Img_0413
朝食は先週と一緒なので写真は無し。
快晴の頂上湿原
Img_0421
苗場山からの神楽ケ峰
Img_0428
雷清水からの苗場山
Img_0429
7月に行く予定の平標山&仙ノ倉山
Img_0433
昼前に下山し、風呂上がりに軽くいっぱい(笑)
Img_0439
下記は本澤担当の夏の予定です、どうぞよろしくお願いいたします。
2018/7/7(土)-8(日):会津駒&中門岳
2018/7/14(土)-16(月):尾瀬(燧ケ岳〜至仏山)縦走
2018/7/27(金)前泊-29(日):中ア空木岳←中止です。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
2018/8/10(金)前泊-12(日):中ア仙丈ヶ岳
2018/8/18(土)前泊-19(日):谷川岳

2018年6月10日 (日)

苗場山 2018/6/(土)-10(日)

宮城県の虎毛山をこの日に予定していましたが、残念ながら中止になってしまいましたので、毎年恒例の大好きな苗場山へ行って来ました。

和田小屋までの道が通行止なので、栄村からの小赤沢三合目よりスタート。
Img_0353_3
若干、雪は残っていましたが、アイゼンは不要。今年の雪融けは速い。
Img_0360
入梅で天気は期待していませんでしたが、雨は降らなかったので、まあヨシ。
Img_0372
予想以上に雪が無い
Img_0376
夕食は、」あんまりやる気のないカレー。
(毎年来てれば分かります。宿泊者が多いときはカレーじゃないし。)
Img_0379
寝所は完璧!
Img_0378
朝食は好きなおかずを選べるバイキング
Img_0381
翌日、入梅の割には良い天気。
Img_0386
下山後、温泉に寄ったら寂しそうな運転手がいたのでパチリ。(笑)
Img_0398

2018年6月 3日 (日)

金峰山 2018/6/2(土)−3(日)

梅雨入り前の貴重な晴れの週末、もう石楠花が咲き始めたという情報が入って来だした奥秩父の「金峰山」へ行って来ました。

異常事態発生!
9時台のタクシーが全台予約済みにより、塩山駅から予約制のバスを乗り継いで大弛峠へ向かいます。
Img_0272
奥秩父縦走路からいきなりのスタートです。
Img_0279
難無く山頂直下へ
Img_0281
胎内くぐり?
Img_0287
金峰山
Img_0293
五丈岩
Img_0297
岩に苦戦中(笑)
Img_0300
恒例のミーティング
Img_0301
ワイン付きの夕食
Img_0303
朝食は胃に優しいお粥さん
Img_0306
お世話になった金峰山小屋(きんぽうざんごや)のご主人(吉木さん)と一緒に記念撮影
(注:目をつぶってしまったのではなく、朝日がキツくて大きく目を開けられないのでした。)
Img_0308
瑞牆山荘を目指して下山
Img_0312
富士山がステキ
Img_0314
八ヶ岳もステキ
Img_0321
いよいよシャクナゲ地帯へ突入ですが、
大日小屋から大日岩間がメインのシャクナゲロード!!
Img_0322
シャクナゲの時期に金峰山や甲武信ヶ岳を設定すると、お花を見たい登山者で小屋が大変なことになるので、今回はズラしたつもりが大当たり。数年前も同様にズラして大当たり。この山はとても相性が良いのでした。
Img_0327
大日岩ではまだまだ咲き初めで赤いツボミもかなり多数、これからしばらくはシャクナゲを楽しめそうです。
今回もユカイな方々にご参加いただきました。
Img_0335
少しは三点確保の練習になったでしょうか?(笑)
Img_0337
瑞牆山はこんな山です。いずれ行かれる方は期待してください。こちらもとても良い山です。
Img_0343
もうここ(富士見平小屋)まで来れば安心。
Img_0342
いつもは入浴せずに帰宅してしまいますが、今回は下山が早かったので、「増富の湯」に寄って帰りました。
また、八ヶ岳で開山祭をやっていたので、特急あずさが混雑することが予想されたので、入浴前に参加者全員の指定席券をケータイで(えきねっと)で確保して置いて大正解。
よって、私は韮崎駅で発券するのみでしたが、窓口で並んで買おうとしている人は全滅。
今回は山も交通も合わせて全て上手くいきました。チャンチャン。
さてさて、今週末の避難小屋泊の「虎毛山」は人気がなく中止となりました。
(。>0<。)
山頂の湿原がとてもステキなんですけど、避難小屋が好かれないのでしょうかね。
ということで、今月の私の担当企画はこれでお終いで、サブもありませんが来月、7月1日(土)は太田さんの平標山にサブで同行させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
なお、来月は下記のプランを予定していますので、もしよかったらお出かけください。
(注:もし中止になったらごめんなさい。)
2018/7/7(土)-8(日):会津駒
→駒ケ岳山頂を越えて中門岳へ行きます!
2018/7/14(土)-16(月):尾瀬
→尾瀬沼〜燧ケ岳〜尾瀬沼〜至仏山と、初夏の尾瀬を一気に縦走します!
2018/7/27(金)前泊-29(日):中ア空木岳
→とても良い山ですが非常に行きにくい山です。

2018年5月14日 (月)

蓼科山 2018/5/12(土)-13(日)

週末の土日、ちょっぴり雪が残っている蓼科山へ行って来ました。

さて今回は、初級者向けの企画で、頂上ヒュッテに宿泊するのが目的でした、実際はベテランの方々のご参加となりました(笑)
ということで、全く雪の無い最短コースの7合目よりスタート。
蓼科山荘直下でようやく雪が出てきました。
Img_0216
すでにオープンしてます、蓼科山荘。
Img_0217
山荘より上はびっちり雪があります
Img_0219
雪があったり無かったり
Img_0222
雪があるのは頂上直下まで
Img_0223
蓼科頂上ヒュッテ(もうこの先には雪はありません)
Img_0225
広〜い頂上
Img_0226
山頂!
Img_0230
恒例のミーティング
Img_0232
お茶菓子!?(笑)
Img_0233
夕食1
Img_0234
夕食2(ビーフシチューだ!)
Img_0237
朝食1
Img_0238
朝食2
Img_0239
下山のルートは全く雪はありませんでした。
Img_0242
茅野駅前の某所でミーティング(笑)
Img_0244
以上、いつもの愉快なお泊まり山行でしたが、
下記プランはまだまだ空きがありますので、
どうぞご検討ください。
2018/6/2(土)-3(日):金峰山
※今年は花が早そうなので、咲きはじめのシャクナゲに期待!
2018/6/9(土)-10(日):虎毛山
※建て替えたばかりの避難小屋利用で、頂上湿原を堪能します。
2018/7/7(土)-8(日):会津駒
※駒の小屋利用で、中門岳を目指します。
2018/7/14(土)-16(月):尾瀬国立公園縦走
※尾瀬沼〜燧ヶ岳〜尾瀬ヶ原〜至仏山と、尾瀬の良いところを網羅します。
2018/7/27(金)前泊-29(日):空木岳
※梅雨明けのトップシーズンに、短期間で中央アルプスはいかがでしょう?
2018/8/10(金)前泊-12(日):仙丈ケ岳
※南アルプスの中でも一二を争うとても綺麗な山です。
2018/8/18(土)前泊-19(日):谷川岳
※湯檜曽温泉で準備をし、トマの耳、オキの耳を目指します。

2018年4月30日 (月)

旭岳 2018/4/29(日)

ゴールデンウィーク2日目の日曜日は、大雪山の主峰「旭岳」へ行って来ました。

前日のチョー寒い十勝岳とは打って変わり、九合目まで半袖のTシャツで登れるくらいの温かさ。
晴れで視界良好、風はほとんど無く気温はプラス。
こんな日に来れてラッキーです!
なお、スキーじゃないので旭岳ピストンでは雪崩の危険はナッシング。
Img_0131
旭岳ロープウェイの姿見駅を9時半頃出発
Img_0132
気持ちん良かな大斜面
Img_0137
だいぶ融けてはいましたが登山道にはまだ雪が残っています
Img_0139
9合目付近はところどころ岩が露出していますが、アイゼンさえ履いていれば特に問題無し。
Img_0142
金庫岩を越えた辺りの山頂直下
Img_0146
旭岳
恒例行事(笑)
Img_0148
黒岳方面に縦走してみたいなあ
Img_0152
下山中のおまけ

キタキツネがウロチョロ

十勝岳 2018/4/28(土)

ゴールデンウィーク初日の土曜日、北海道の十勝岳へ友人と遊びに行って来ました。

その日は何故かチョー冷たい風が吹き荒れ、まるで冬に戻ったかのような寒さでしたが、なんとか無事に登頂しました。
早朝は晴れてたんですがねえ。
とりあえず、望岳台から出発します。
Img_0090
春ですねえ。
ところどころ、岩が露出しています。
Img_0096
ダラダラと進みます。
Img_0097
素晴らしい大斜面
Img_0100
避難小屋が目印
Img_0101
避難小屋から先はちょっと傾斜がキツくなって来ます
Img_0105
ここいら辺ではすでに指が痛く、かなり寒かったです。
Img_0106
山頂直下(左側から回り込みます)
Img_0109
十勝岳
私の休日に今回も付き合ってくれたのは関西のお友だち
Img_0112
この辺りは風がやんわり
ガスって来たけど、気分は晴れやか!
Img_0118

2018年4月23日 (月)

谷川岳 2018/4/21(土)

先週末の土曜日、今年2度目の谷川岳に行ってきました。

昨年の今頃は1勝2敗でしたが、今年は2戦2勝となかなかの成績です。(笑)
先月(3月)に比べ、天神平もずいぶん雪が減りました。
雪が融けて登山道が出てきた分、ちょっぴり危ないので要注意です。
Img_0052
谷川岳も「白」が減りました。
Img_0054
トレースばっちり
Img_0055
熊穴沢避難小屋
入口をキチンと閉めていなかったのか、雪で押されて外れていました。
戸締り忘れずに!!
Img_0057
天神尾根の登山道ですが、天狗の留まり場から手前がずいぶんと出ていた為、とても登りにくかったです。登山道を嫌い、雪を拾って登ると、結構亀裂が走っていてちょっぴり緊張。。。
Img_0059
山頂直下の肩の小屋はまだ営業していませんでした。
Img_0073
谷川岳(トマの耳)
大斜面の下山は特に楽しいですねえ
Img_0074
ということで、ゴールデンウィークは野暮用で調査に出かけますが、明けたら雪が残ってるかもしれない「蓼科山」を予定していますので、興味のある方はお出かけくださいね。

2018年4月 7日 (土)

青ケ島 2018/2/17(土)-18(日)

Topimg

Facebookをやらない私の企画によく参加して下さる会員の方より、ブログを更新して欲しいと要望があったため、個人山行を含め、これからはもう少し頑張って更新します。

ブログは物語を構成して投稿するので、申し訳ありませんが最近はサボっていました。
さて、先々月の話ですが、東京の秘境といえば、小笠原諸島とよく言われますが、もっと行きににくくて帰りにくいアクセス難度S級の島「青ケ島」へ行ってきました。
条件が揃えば、1泊2日でチョイチョイと行って帰って来れますが、そうでない場合、実際、私の行ったときにいつ帰れるか分からないという方がいらっしゃいました。
1日1便(定員9名)のヘリコプターで八丈島から向かいます。
八丈島から定期船もありますが、就航率(欠航率)50%ではやっぱりヘリを使いますよねえ!?
Img_1465
八丈島→青ケ島(約20分)
宿の写真はありませんが、今回は元村長の民宿「マツミ荘」に泊まりました。
亡くなった奥さまの名前の宿で、青ヶ島名産の度数の高い「青酎」をご馳走になりました。
行かれる方にはお勧めします!
翌日曜日は9:45に帰るので、今日中に歩いて観光します。
まずは島最高点の大凸部(おおとんぶ)
簡単に説明すると、こんな火山の島で、温泉(お湯)はありませんが、サウナは体験してきました。
Img_1484
自然の蒸気で蒸し物ができます。
あのチョー臭いクサヤもマイルドに(笑)
Img_1486
Img_1485
2/18(日)帰る日のヘリポート
1日1往復しか無いので、時刻表がシンプル。
昨日も今日も船が欠航、または引き返しているので、ヘリを利用した人以外、人の出入りが全くありません。
Img_1492

搭乗前の身体検査(青ヶ島)

このヘリで八丈島へ帰ります
毎度のことですが、ちょっぴり遠方に行くと、乗り換え時間が非常に長いため(今回は4時間)、スーパーでお買い物してベンチで一杯いっぱい!!
Img_1497
今回の島はアップダウンもさることながら、結構長距離を歩く楽しいトレッキングの旅になりました。クルマを使ったらあっという間ですが、もし行かれるなら、歩いた方が満喫出来ますね。
なお、八丈島からフェリーで行かれる方は、行けたらラッキー、帰れたらラッキーなくらいな感じで余裕を持って行ってください。スケジュール変更が許されない方は、絶対にきっちり往復ヘリを予約してください。

2018年4月 5日 (木)

谷川岳 2018/3/23(金)前泊-24(土)

ブログを更新していないので、「最近、山に行ってないの?」と会員の方に言われたので、先日、先輩と行ったのを載せます。

※たまに山に行ってます!やっぱり、雪が好きなんです!!
さて、金曜日の午後、少し早めに退社して新幹線に飛び乗り、なじみの宿「湯檜曽温泉 永楽荘」にて、関西からの仲間たちと合流し、前夜祭!!
(注:今夏、この宿に前泊しての谷川岳を予定しています)
Img_0013
お馴染みの天神平スキー場からの谷川岳。
Img_0015
ひと登りして休憩。快晴のスキー場なのにガラガラ。
登山者の方が多いかも!?
Img_0016
熊穴沢避難小屋は全く出ていません、足の下。
昨年、悪天候によりこの方達はここまでしか登れませんでした。
今年は全然 違う!
Img_0019
この皆さんは、遠い遠い関西から半日かけて、車できてくれました。
休憩
Img_0023
谷川岳2(トマの耳)
谷川岳3
仲良しの先輩とパチリ!
Img_0026
今月の私のプランは八王子八峰縦走その1を予定しています。
また、来月は大展望の山頂の小屋に宿泊し、若干の雪が期待できる蓼科山を予定していますので、どうぞよろしくお願いいたします。

2018年2月10日 (土)

北八ヶ岳 天狗の奥庭 2018/1/20(土)-21(日)

報告が大変遅くなりましたが、本年初のプランで、北八ヶ岳の高見石小屋利用で雪山を周遊して来ました。

まずは登山口の「渋の湯」からスタートですが、諏訪湖辺りにも同じ名称の温泉があります。マジで間違えた方がいらっしゃいましたので、初めての方はとくにご注意ください。
Img_1416
今年は雪がたっぷり。
Img_1421
賽の河原
Img_1422
高見石小屋に早々に到着したので、片道15分程度の「中山」に登りました。
注:お疲れの方はお留守番
Img_1426
「おこた」で恒例のミーティング
Img_1428
夕食は何とも不思議な「シチューライス」と謎の揚げ物
Img_1430
この小屋、ちょっと暗いんです。
Img_1431
高見石小屋周辺図
Img_1432
ゆっくりスタート
Img_1433
今日も快晴
Img_1434
中山展望台
天狗の奥庭
左が東天狗、右が西天狗
Img_1441
雪山って、イイよね〜🎵
Img_1438
ということで、今月はありませんが、来月の3/17(土)-18(日)にまたまた北八ヶ岳ですが、「北横岳(雪山入門)」を予定していますので、もし良かったら 遊びにきてください。
どうぞよろしくお願いいたします。

2018年1月14日 (日)

甲斐駒ケ岳 2018/1/5(金)-6(土)

新年早々、山仲間の先輩と南ア甲斐駒ヶ岳へ黒戸尾根から行って来ました。

※注:仕事ではありません。リバウンド中による自主トレです。
さて、このルートは小屋までが非常に長く、かなりおっかないハシゴが核心かもしれません。
Img_1349
1/4(木)の情報です。
最新情報は七丈小屋へ確認してください。
Img_1350
七丈小屋は小屋番さんが花谷さんに代わりました。
なお、ストーブを一晩中焚いてくれていたので、朝まで全く寒くなかったです。
Img_1354
今回の愉快な仲間たち
Img_1351
1/5(金) 5時出発!(−18℃)
Img_1355
今日も良い天気〜note
Img_1367
寒いけどなかなか良い感じです。
Img_1370
日の出
Img_1373
ピリ辛な斜面
Img_1375
ちょっと安心なところ
Img_1381
なんでか分からないけど、やっぱり南アルプスが好き!
Img_1391
甲斐駒ヶ岳fuji
Img_1393
下山はとくに慎重にね
Img_1399
凍傷とまではいきませんでしたが、多分、ツメ剥けちゃうcrying
Ca1b1961dfac4232a2d89118095227a1
ということで、
今週末は北八ヶ岳の高見石小屋利用で、スノートレッキングを予定しています。
ご予約は多くないので、もしご都合がよろしければ、遊びにお出でください。
どうぞよろしくお願いいたします。

富士山五合目 2017/12/31(日)-2018/1/1(月)

会員の皆さま、新年明けましておめでとうございます。

随分経ってしまい申し訳ありません。
毎年恒例の年越しスペシャルを報告します。
今回は富士山五合目にて佐藤さん経営の佐藤小屋にて楽しい大晦日と新年を過ごしました。
大晦日は飲み放題食べ放題。
カニ汁もね
Img_1323
いなり寿司もね
Img_1324
ウイスキーもね
Img_1327
新年のカウントダウン直前、このフランス人がシャンペンを振舞ってくれました。
Img_1330
佐藤親子による爆笑のお餅つき

朝食はもちろんつき立てのお餅とお屠蘇
Img_1337
2018年元旦
宿泊客みんなで記念撮影でしたが、ご主人の佐藤さんはラジオ出演中により不在。
Img_1342
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2017年10月22日 (日)

焼石岳_2017/10/21(土)-22(日)

台風が心配でしたが、ギリギリ大丈夫そうだったので、行って来ました。

 
なお、予報はイマイチでしたが紅葉は湿ったくらいが綺麗なので催行しましたが、キャンセルされた方もいらっしゃいませんでした。
今回の足はこの車。(新車なのに悪路を走らせてごめんなさい)
Pa210001
ガスってはいますが、風もなく雨は降っていません。
Pa210002_3
こんな感じのところからスタートです。
Pa210004
中沼
Pa210006
地元の方が山椒魚って騒いでいましたが、私はイモリ(お腹が赤かったし)だと思います。
Pa210010
日曜日に登頂予定でしたが、台風が接近してくるので、前倒して土曜日に登っちゃいました。
Pa210015
避難小屋の夜のお楽しみは、食事ですよね〜!
今回はキノコ汁の予定でしたが、エノキダケ汁にうどんも投入!!
私たちだけの貸切かと思いましたが、単独行の方もいらっしゃったので、その方も巻き込んで22時頃までとっても楽しくドンチャン騒ぎでした。
Pa210018
一晩お世話になった銀明水避難小屋、お掃除をして下山しました。
Pa220021
とても手入れが行き届いていて温かい綺麗な小屋でした。
Pa220022
水場(銀明水)に置いてあった柄杓
似た柄杓を東北のどこかの水場でも見た記憶があるのですが、覚えていない。
Pa220025
下山のみの日曜日は、風はなく小雨でした。
Pa220030
また来年、避難小屋泊山行を企画しますので、どうぞよろしくお願いいたします。

飯豊連峰_2017/10/8(土)-12(水)

会員の皆様、ご無沙汰しています。

病気をしてからしばらく山から遠ざかっていましたが、
久しぶりに休暇を取り、大好きな飯豊へ行って来ました。
さて、まず初日は山形新幹線「つばさ」に乗り、米沢で米坂線に乗り換えて山形側の玄関口の小国駅にて下車。その後、路線バスで向かいますが、この時期は目指す宿「飯豊山荘」まで運行していないのでした。bearing
Img_1057
よって、終点の梅花皮荘から約5km、誰か乗せてくれないかと期待しつつ、トボトボ歩きましたが、結局、歩き切ってしまいましたとさ。crying
登山初日、快晴の梶川尾根から梅花皮山荘を目指します。
Img_1070
梶川尾根から見下ろす
Img_1073
飯豊本山方面
Img_1076
朳差方面
Img_1077
門内小屋(飯豊連峰縦走路)
Img_1080
登山2日目は御西岳、飯豊本山を経由し、本山小屋という行程。
予報は晴れだったのに、パッとしない天候で、一日中、 ガスっていましたが、雨は降らなかったので、まずまずでした。
今回、ご一緒させていただいた仲良しの内炭さんと記念撮影!
Img_1062
本山小屋の水場はちょっと遠いのでした。
Img_1087
登山3日目は福島側に下山。
お秘所というちょっぴり危ないところを通過
Img_1088
紅葉抜群!
Img_1091
三国小屋が近づいて来た
Img_1092
最後の難所「剣ヶ峰」は要注意!
Img_1093
今年の東北の紅葉はどこも良いようです。
見逃さないようにお出かけくださいね。
Img_1094

2017年9月12日 (火)

恐山 2017/9/9(土)-10(日)

病気のため、7月と8月は山へ行けませんでしたが、9月になり復帰しましたので、登山ではありませんが東北の下北半島の恐山へ行って来ました。

まずは尻屋崎灯台
Img_0943
一口飲めば10年、二口飲めば20年、三口飲め ば死ぬまで若返るという不思議な水をみんなでいただきました。
Img_0947
防衛省の(ガメラ)レーダーが設置されている恐山の奥の院「釜臥山」
Img_0952
恐山①正門前
Img_0958
恐山②お願い地蔵尊
Img_0962
恐山③
Img_0966
恐山④
Img_0967
恐山⑤
Img_0975
恐山❻名物のヨモギアイスはマジでヨモギ味(笑)
Img_0976
恐山⑦夕食/ほぼ貸切に近い人数
Img_0978
恐山⑧かなり美味な精進料理(夕食)
Img_0980
恐山⑨これを唱えてから食事です
Img_0981
恐山⑩寝る前に境内にある混浴の温泉でひとっぷろ
Img_0985
恐山11/翌朝は6時起床、6時半から地蔵殿で朝のお勤め。
Img_0993
恐山12/その後は、撮影不可でしたが本殿に移動して正真正銘のお勤め。
Img_0995
恐山13/朝食(精進料理のくせにかなり美味です!!)
Img_0999
仏ヶ浦観光
Img_1011
大間1
Img_1007
大間2
Img_1018
大間3/大間の本マグロの目ん玉をお土産にするそうです(笑)
Img_1024
下北駅で解散!
Img_1028

2017年8月27日 (日)

報告

ご無沙汰しています、本澤です。

この夏、企画が少なくて申し訳有りません。
私事で大変恐縮ですが、ちょっとした病気で入院しておりまして、4日目前の水曜日に退院しました。
Img_0917
とりあえず、今は元気ですので、9月以降の山行には全く影響はありませんので、どうぞよろしくお願いいたします。
Img_0914

2017年7月 1日 (土)

苗場山 2017/6/16(金)前泊-18(日)

毎年、必ず1度は訪れる大好きな苗場山に今年も行って来ました。

日帰りでも行けないことはありませんが、今回は前泊もプラスしてしまいました。

まずは越後湯沢駅前で「栃尾の油揚げ」で軽く一杯!
Img_0709
今シーズンは残雪が多く、下の芝から上はほぼ雪。
Img_0717
神楽ヶ峰
Img_0719
苗場山
Img_0723
お花畑には「あ○まさん」が大好きなシラネアオイがいっぱい咲いていました。
あ○まさ〜ん、お元気ですか〜?
Img_0724_2
とても良い色ですね
Img_0727
事情により、荷物が一個増えました(笑)
Img_0730
当然のように頂上湿原には雪がいっぱい
Img_0733
山頂
Img_0738
今回の目的はココでやる天ぷら!
Img_0740_1

今週末は上村さんリーダーの浅草岳にサブで行きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

2017年6月 5日 (月)

金華山黄金山神社 2017/5/20(土)-21(日)

復興支援第2弾は、震災でほぼほぼ壊滅してしまった宮城県女川。
その中で、山に登れる金華山へ行って来ました。

何はともあれ、まずは大事なランチ(笑)
ボートに乗る鮎川浜でチョイス。

Img_0528
どの店、どのメニューにするか悩む〜!
Img_0530
私は炭水化物を制限しているので、お刺身盛り合わせ。
(注:今回は運転手兼務のため、ノンアルコールです)
Img_0532
皆さんは握りや丼ぶりものを堪能
Img_0533
いよいよチャーターしたボートで出航!

初日は散策のみ
Img_0541
金華山全容
Img_0543
我々だけ貸切の参集殿に宿泊しましたが、なぜか夕食の写真が無くなっていました。
ということで、朝食前におつとめに参加。
Img_0551
朝食のメインはシンプルに笹かま。でも、ご飯と味噌汁がチョー美味しいので、お代わりしてしまいました。
Img_0553
ということで、山頂を目指します。
Img_0554
山頂1

山頂2

ボートをチャーターしないと、誰も渡ってこれない時間なので、山も貸し切り!
Img_0563
天柱石
Img_0567

以上、5月で私の担当プランは終了しましたが、また9月から復活しますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ごールデンウィーク後半 2017/5/4(木)−7(日)

GW後半は山。一人旅の南の島と違って、今回は奈良の友達と「月山&鳥海山」へ行って来ました。

下界から観る月山もとても神々しい。
Img_0453
奈良のお友達1(全員ガイドです)
Img_0455
奈良のお友達2
Img_0464
奈良のお友達3
Img_0469
奈良のお友達4
Img_0478_2
月山

奈良のお友達5
Img_0488
翌日、鳥海山を予定していましたが、朝から結構強い雨が降ったため、登山は中止しました。
前回、一人で来た時は、月山がホワイトアウトでやめ、鳥海山だけ登れました。なかなか上手くいかないものですね。

ゴールデンウィーク前半 2017/4/28(金)−5/3(水)

ことしのGWは1日早めにスタートし、2回に分けて10連休となりました。
まずはその前半、沖縄の石垣島(2泊)と与那国島(3泊)へ行って来ました。

羽田からの石垣直行便を使い、3時間待って、与那国島に着いたのは夕方。
Img_0422

翌朝より、比川浜で海水浴。
Img_0425
移動して誰もいないナンタ浜
ランチは、この島一番だと思う、わかなそばでソーキそば。(メニューはそばの大小しかありません)
Img_0426
夕食は焼肉、「人肉」を出す店ではありません。「肉人(にくんちゅ)」と読みます。(笑)
Img_0430

石垣島に戻ったら雨。
仕方ないので、昼間からやってる居酒屋で一杯。
Img_0446
南の島のとても痛い思い出
Img_0449

ということで、後半へ続く。

2017年4月26日 (水)

気仙沼大島 2017/4/22(土)-23(日)

先週末は、復興支援企画で気仙沼にある離島の大島へ行って来ました。

さて、この物語は金曜日からスタートします。
なぜなら、前日の金曜日は一人で勝手にプレミアムフライデーを敢行し、15時に退社して近所の焼肉屋で前祝い(笑)
前祝い1(ローストビーフとホッピー)
Img_0366
前祝い2(茹で豚とホッピー)
Img_0367
前祝い3(もつ煮込みとホッピー)しつこい!?笑
Img_0368
岩手県の一ノ関駅で集合し、ドラゴンレール大船渡線に乗換え、約1時間半かけてノンビリお昼頃に気仙沼に到着。

復興支援商店街でランチ(フカヒレ鮨)をいただこうと思いましたが、すでに移転しており、仕方なく他の店に変更し、とりあえず、ランチ地酒。復興支援ですから、積極的に飲食しないとね。(笑)
Img_0369
鮨は諦めましたが、気仙沼名物のフカヒレは食べておかないとということで、
「フカヒレラーメン」!
Img_0371
これが1,600円のラーメンだ!!
Img_0372
約25分(片道410円)の全く揺れないフェリーの旅、スタート。

(現在、大島に架橋工事が進行中で、平成30年度末完成とのこと)
Img_0373
しばらくカモメと遊ぶ

民宿に荷物を置いて島内トレッキング開始
Img_0390
龍舞崎
Img_0394
民宿に戻って、グダグダとミーティング。
Img_0395
ほぼ貸切で改めて宴会スタート
Img_0397
春ですねえ、島ですねえ
Img_0398
気仙沼ですねえ
Img_0399
夜の部も地元の酒をチョイス
Img_0400
台湾人のママがやっているという「夜来香」。
「いえらいしゃん」と読むそうですが、

夜中に抜け出して、呑みには行ってません。本当です。
Img_0401
大島最高峰「亀山」
Img_0405
最後は「おさかな市場」でたっぷり買い物し、一ノ関の「庄や」で打ち上げをして帰りました。
Img_0406
来月の5/20(土)-21(日)は 宮城県の「金華山(宿坊1泊)」、5/14(日) は神奈川県の関東ふれあいの道を予定していますので、どうぞよろしくお願いいたします。
なお、ゴールデンウィークは私の企画およびサブで同行する予定はありません。ちょっと遠方へ調査に行って来ますので、無事に帰って来たら報告いたします。

以上、よろしくお願いいたします。

2017年4月25日 (火)

大雪山 2017/4/15(土)-16(日)

ここのところ連敗中の大雪山」(旭岳)へ週末を利用してワンチャンスに賭けて、行ってきました。

土曜の夜は星も月も出て良い感じ。翌朝も山は見えているし、ひょっとしてイケるかも!?
Img_0344
風もそんなに強くない
Img_0345
姿見駅よりスタート。避難小屋まで圧雪されていて道は良く、天候も時折青空が見えてまずまず良い感じ。

かなり期待して出発!
P4160002
難なく避難小屋に到着しましたが、誰もいない。

7合目に到着した頃には雪が降ってきました。(涙)
P4160006
8合目を過ぎた頃には風雪が厳しく視界不良のため、30分ほど回復を待っていましたが、寒くて断念。記念撮影をして下山しました。
Img_0355
帰りは最終便を予約していたので、たっぷり時間が余ってしまいましたが、旭川は何度も行っているので観光もしたくないし、ラーメンやジンギスカンにも興味がないので、早々に空港へ向かい、5時間ほど過ごしました。
でも、こんなこともあろうかと、DVDプレーヤー(映画3本)を持参しており、スーパーで肴を調達してじっくり楽しみました。

Img_0362
雪の時期は3年前に登頂したきり2連敗中ですが、なかなか登らせてくれないから登れた時がチョー嬉しいのです。よって、都合を作ってまた来ます。(計7回来て、3回しか登れていません。)

北八ヶ岳 2017/4/8(土)-9(日)

先輩に頼まれ、黒百合ヒュッテ泊で初心者向けの雪山講習会のお手伝いをしてきました。

天候があまり良くなかったので、天狗岳へは向かいませんでしたが、今回の目的はピッケルの使い方やアイゼン歩行、雪洞体験でしたので、それはそれなりに有意義だったと思います。

渋の湯より黒百合ヒュッテへ向かいますが、スコップ3本は背負いにくいですね。
Img_0331
3班中、C班を担当。結構融け始めていて水没しそう。
Img_0332
しかし、4月だというのにこの雪の量。今シーズンはまだまだ雪を楽しめそうです。
Img_0298
10人程度入れるこの穴を黒百合ヒュッテの米川さんが3個も事前に掘っておいてくれました。
Img_0301
総勢30名弱のため、3つの穴を連結します。
Img_0303
これが本日の夕食。すき焼き大パーティー開催!
Img_0312
パーティーが終わり、小屋へ撤退します。
Img_0309

翌日は雨が降って天狗岳を諦めましたが、やっぱり雪山は良いですねえ。

関東ふれあいの道⑥大磯 高麗山のみち 2017/4/2(日)

ワタシ、神奈川県にあまりこないのでこの企画が結構好きなんですけど、残念ながらあまり人気がありません。参加してくださる方は、結構奇特な方々です(笑)

湘南平1
Img_0276
湘南平2
Img_0278
東海道の松並木
Img_0280
偶然、旧吉田茂邸のオープン後だったので見学
Img_0284
吉田茂さん(結構大きい)
Img_0286_2

2017年3月20日 (月)

谷川岳 2017/3/18(土)-19(日)

ワタシは資格の問題で雪山の案内をできませんので、今回は谷川岳へ遊びに行ってきました。

さて、3連休の初日、2時間も寝坊し、指定席をキャンセルして飛び乗った上越新幹線は自由席が満席。仕方なくデッキで...と思ったら、なかなか良い席をゲット!

Img_0204_2
まずまずの天候の天神平を11:00に出発。
すれ違う下山者はみんな今日は最悪だったとのこと。(朝一番は強風とホワイトアウトだったそう)
Img_0207_2
熊穴沢避難小屋(結構深いです)
Img_0209_2
どんどん晴れてくる
Img_0213_2
肩の小屋
Img_0214_2
パノラマ
Img_0219_2
登頂1(トマの耳)
Img_0229_2
登頂2(天神平から2時間、出遅れた割にはコンディションが良かったので、まずまずでした)

登頂3(太ガマン)
Img_0227


下山
Img_0237_2
土曜日は山人たちの集まる湯檜曽温泉「永楽荘」に宿泊し、日曜日(3/19)は奈良からのお友達と登りましたが…。
Img_0239
土曜日とは打って変わって、この天候。暴風雪で顔痛いし、メガネが凍って見えないし、裸眼だともっと見えないしで、熊穴沢避難小屋までしか行けなかったのでした。
なお、この小屋で撤退を決定した直後、肩の小屋から(降りるのに)迷って3時間も掛かったと屈強そうなパーティーと会話し、やっぱりヤメて正解と思いました。
(なんてったって、昨日は登り2時間、下り1時間半でしたのでねえ)

Img_0240
でもね、天気が悪くたって愉快な人、仲間との山行は楽しいのです。
Img_0241
仕方なくすごすごと下山しましたが、付き合いますので、またチャレンジしましょう。
Img_0245

2017年3月12日 (日)

七ツ石山_2017/3/11(土)-12(日)

初めて宿泊する七ツ石小屋利用で奥多摩へ行って来ました。

Img_0180
12名定員の丹波山村経営で自炊ですが通年営業になった小さな小屋ですが、自炊派には最高に嬉しい居心地の良い小屋です。
Img_0182
数少ないワタシの企画に参加してくださる貴重なお馴染みの皆さん
Img_0183
マジで12名でいっぱいの小さな小屋なので、必須ではないですが予約が必要です。
布団及び毛布が新品&ふかふかで行くなら今のうち!
Img_0184
富士山の見える小屋
Img_0185
大展望の七ツ石山
Img_0186
後ろの雲取山にはもう雪がありません。
Img_0187
なんちゃって雪山の奥多摩ですが、もう春ですね。
Img_0188
ということで、今月のワタシ企画の山は終了しました。
来月は、4/2(日)の関東ふれあいの道⑥、4/22(土)-23(日)気仙沼大島を予定しています。
日帰りの企画は直前でも全然問題ありませんが、気仙沼大島は宿泊予約が伴うのでお早目のお申し込みをお願いいたします。

プレミアムフライデーその他

最近、サボっていたのでまとめて報告します。

2/24(金):某我が社でプレミアムフライデーが実施され、15時に帰宅できたので、かなり早い時刻から焼肉屋で一杯やりました。一人で食べ過ぎか!?(笑)
Img_0150_2
2/25(土)-26(日)、近所の焼肉屋のマスターが冬にキャンプをしたいというので、以前全く雪のないところでキャンプしたところ(白毛門の登山口)でキャンプしました。
Img_0152
あるべきとこにはそれなりに雪はあります。
やっぱり雪山は楽しいですねえ。
Img_0156
周囲に誰もいないので、歌!(オチがあるので、最後まで見てください!)
14時から23時まで飲みました。(笑)
Img_0165

2017年2月18日 (土)

伊豆天城山 2017/2/11(土)-12(日)

掲載が遅くなってすみません。
先週末、伊豆へ行って来ましたが、少々残念な結果となってしまいました。

まず、伊東駅前の安いビジネスホテルに前泊。
Img_0121

伊豆といえば、やはりお魚、居酒屋の調査を開始!
Img_0122
とりあえず、ボトル1本。
Img_0124
翌朝、天城山に向かったところ、数日前に降った雪が凍結していて、登山口まで行かれず、残念ながら下田観光へ変更しました。ワタシが甘かったです。すみません。
よって、お昼までまだ時間がたっぷりあるので、爪木崎をお散歩。
Img_0132
お散歩2
Img_0133
お散歩3
Img_0134
お散歩4
Img_0136
下田と云えば、やはり水揚げ日本一の金目鯛でしょ!?
Img_0137
煮付けが大き過ぎて、定食のトレーに乗せきれない…。
Img_0138

ということで、金目鯛は美味しかったですが、天城山は失敗の巻でした。
また機会がありましたらどうぞよろしくお願いします。

さて、今後の私の予定についてお知らせ致します。
なお、ホテルの予約が必要なプランにつきましては、できればお早めのご予約をお願いいたします。

1、2017/3/5(日)      :関東ふれあいの道5(稲村ヶ崎)
 →意外や意外、結構楽しいお散歩です。
2、2017/3/11(土)-12(日) :七ツ石山
 →水の豊富な有人の小屋を利用し、自炊で山を歩きます。

3、2017/4/2(日)      :関東ふれあいの道6(大磯)
 →美味しいお魚あるかな。

4、2017/4/22(土)-23(日):気仙沼大島(復興支援企画)
 →このプランは島の宿を予約しますので、ご予約をお早目にお願いいたします。

以上、よろしくお願いいたします。

2017年1月10日 (火)

関東ふれあいの道③荒崎 潮騒のみち 2017/1/9(月)

新年最初の担当プランは、神奈川県の関東ふれあいの道。
だんだん晴れる予報でしたが、予報は当たりません。
でもでも、天気が良く無くても意外に面白いのがこのシリーズで、少々のアクシデントもありながら、愉快な1日となりました。

小雨まじりの海岸①
Img_0034
小雨まじりの海岸②
Img_0035
小雨まじりの海岸③
Img_0039
小雨まじりの海岸④
Img_0042
途中、漁協のお店にて身体を温めました。(つみれ汁150円)
Img_0043
JAで新鮮な野菜も購入しました。(笑)
Img_0044
海岸線を歩いている時、アクシデントにより海に両足とも入水。この時期に限らず、濡れた靴で帰宅するのは結構辛かったです。crying

ということで、来月も神奈川県版の「関東ふれあいの道シリーズ」は続きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

2017年1月 6日 (金)

天狗温泉「浅間山荘」 2017/1/2(月)-5(木)

今年のお正月休みは、浅間山の麓の温泉に滞在していました。

P1030001
1/3(火)は黒斑山へ向かいます。
浅間山がキレイ!
P1030008
雪はあまりありません。
P1030009
黒斑山を通り過ぎて、蛇骨岳。
P1030012
だんだん天候が怪しくなってきたので、下山します。
P1030014
黒斑山に戻ったら、すでに真っ白。浅間山が全く見えません。
P1030015
今回、一番驚いたのがコレ。
宿に戻ったら、玄関に白いイノシシ〜!
と思ったら、「ルイちゃん」っていうペットの豚でした。(笑)
P1040019
快調に2017年がスタートしました、
それではみなさん、どうぞよろしくお願いいたします。

2017年1月 1日 (日)

大菩薩嶺2 2017/1/1(日)

2017/1/1(日)日の出

やっぱり新年は富士山ですねえ
P1010042
ちょっと雪が少ない気がしますが、キレイ!
P1010046
大菩薩嶺(アイゼンは全く不要でした)
P1010049

ということで、今年もどうぞよろしくお願いいたします。


大菩薩嶺1 2016/12/31(土)

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、毎年恒例の年越し山行ですが、毎度おなじみの皆さんと今回は「大菩薩」へ行ってきました。しかし、残念ながら全く雪が無く、雪山は楽しめませんでしたが、2日間ともに快晴で日の入りと初日の出も拝むことができ、良い年の始まりとなりました。
暖かい木漏れ日の登山道を進みます。
Pc310012
快晴の大菩薩峠
Pc310017
勝沼ワインで忘年会の練習…。
Pc310018
黒百合ヒュッテで仙台の女性に猫の餌と言われましたが、これ(煮干し)が好きなんです。
Pc310019

19時より、ビンゴ付き飲み放題の忘年会スタート!
Pc310028
ビンゴ〜!!
しかし、あまり嬉しくない副賞(みんなの前で1曲歌える券)が付いており、断るのも野暮なので、日本レコード大賞受賞曲「都はるみ」のあの名曲を熱唱しました。bleah
Pc310029

2016年12月19日 (月)

北八天狗岳 2016/12/17(土)-18(日)

先週末は、黒百合ヒュッテ泊で『初心者向け 雪上講習会』のお手伝い。

快晴&そよ風の天狗岳へ行って来ました。
この時期ではまずまずの雪で、これからの降雪を期待します。

2016年12月11日 (日)

天覧山 2016/12/11(日)

今年の忘年鍋企画は、天覧山。

日陰で寒いと思っていたのですが、意外に暖かくて良かったです。
Img_3418
いつも両手が塞がっていたので撮影できませんでしたが、今回はよくしゃべってくれるカメラマンのおかげで動画が撮れました。(笑)
岩トレの後は、豚汁〜♫
Img_3436

2016年12月10日 (土)

関東ふれあいの道②油壺 入江のみち 2016/12/4(日)

報告が一週間も遅れてしまいごめんなさい。

先週末、いろいろ盛りだくさんだったので、まとめて報告します。
金曜日の夜に一杯飲んだ後、寝る前というか、普段でもヤってはいけない3点セットでシメて就寝。wobbly(チャーハンにお酢をたっぷりかけたので割れてしまいました。)
Img_3375
土曜日は計43回目となる献血を済ませてから、麻雀に行き、
日曜日に本題の「関東ふれあいの道②」に行きました。
今回の目的は、私が小学生の時に修学旅行で行って、どうしても寄りたかった油壺の水族館と三浦のマグロ。
Img_3376
規模は大きくないですが、アシカやイルカのショーが面白かったです。
Img_3378
まあ、師走なので、今回はあまり歩きませんでしたが、それでも余分に城ヶ島まで行ったので、計7kmくらいは歩きました。
11月に通過した時に目をつけておいた少しユニークなお店で、ランチ。
Img_3384
お店の前にも死んでるけど生の水族館。(笑)
Img_3389
マグロ尽くしのはずが、盛り合わせを頼んじゃったので、2切のみ。
これで良かったのかしら、、、。
Img_3392
会食
Img_3391
最近、百名山を踏破した方がいらっしゃって、お祝いの品をいただきました。
糖質たっぷりの「とらや」の紅白の最中でした。happy02
Img_3397
とりあえず、今回の予定はここまででしたが、いくらなんでも食後の運動は必要なので、城ヶ島まで歩くことにし、橋の上から富士山が綺麗に見えましたが、残念ながら雪が少ない。
Img_3393
ということで、しばらくの間、月一回、神奈川県を歩きます。ほぼほぼ平地で遠足みたいなものですが、結構楽しいです。
どうぞ、 気が向いたら遊びに来てください。

2016年11月13日 (日)

甲武信ヶ岳 2016/11/12(土)-13(日)

奥秩父の紅葉を観るための企画が一転し、行程の8割が冬山となった週末の甲武信ヶ岳ですが、雪が綺麗で愉快なメンバーに恵まれ、とても楽しい山行になりました。

さて、金曜の夜、しなくても良い不要な前泊を佐久にて実施し、佐久と言えば「鯉」ということで、ニューボトル1本と、「鯉のあらい」で調査スタート。(笑)
Img_3322_2
次に、長野と言えば「馬刺し」を注文。う〜ん、やっぱり美味しいですねって言ったら、カナダ産だけどね...だって。crying
Img_3323_2
翌土曜日は、甲武信ヶ岳に登る最短ルートの毛木平より入山。ちょっとした事情により、荷物がダブルになりましたとさ。bleah
Img_3325_2
ナメ滝付近でアイゼンを装着しましたが、日陰のためとても寒い。
Img_3327_2
山頂①
山頂②
Img_3334_2
富士山もキレイ
Img_3338_2
甲武信小屋の夕食はカレー。ここのカレー、尊仏山荘のと同じくらい好きです。
Img_3340_2
翌日曜日の早朝、お世話になった「徳さん」と一緒にパチリ
Img_3343_2
賽の河原
Img_3344_2
奥秩父縦走路、なかなか歩きがいのあるルートです。
Img_3346_2
西破風山
Img_3348
東破風山
Img_3350
雁坂嶺



日本三大峠「雁坂峠」
Img_3357_2
林道に下りたら、なぜか横一直線。Gメン75か!?(笑)
Img_3361_2

2016年11月 7日 (月)

関東ふれあいの道①三浦 岩礁のみち 2016/11/6(日)

よく晴れた暖かい日曜日、続くかどうかわかりませんが、シリーズ第1回目は、三浦 岩礁のみちを歩いて来ました。

まずは青々と育っている大根畑を見ながら歩きだします。
Img_3286
ほどなく、海岸に降りてスタート。
Img_3289
海がとってもキレイ
Img_3290
風光明媚です
Img_3292
長距離でしたが結構楽しいです。
Img_3296

とりあえず、来月も月初の日曜日に予定しています。行動食、お弁当は不要で、マグロを食べにおいでくださ〜い。

2016年11月 3日 (木)

三ツ石山 2016/9/25(日)

容量が増えて投稿がまた自由にできるようになり、ちょっとやる気になったので、先月、掲載し損ねた絶景の岩手「三ツ石山」のリマインドです。

山頂直前

風を避け、山頂から少し離れたところ

二岐山&甲子山② 2016/10/29(土)-30(日)

ブログを引越ししましたので、今まで同様、載せることがことができると思いますので、今後ともご愛顧お願いいたします。

前回は動画のみでしたので、改めてスタートから報告します。
今回の「足」はこの車。レンタカーでは珍しいスバル車。とても走りが良く、乗り心地もGOOD!
Img_3250

初日の土曜日、白河市内は晴天でしたが、二岐山に近づくにつれ、非常に強い寒気が入って雨嵐。
ずーっと樹林帯なので、特に問題はありませんでしたが、福島の山が全て見えるという二岐山々頂は真っ白け 。
Img_3253    
お宿は前回訪れた時同様、素朴で親切、しかも、リーズナブルな二岐温泉「桂祇荘(かつらぎそう)」。お部屋も5名でこの広さ。
Img_3254
夕食も終わり、夜もふけて寝る時間になりました。
どこに寝るかはすでに決まっていたようでしたが、なんと私の寝場所はど真ん中!
Img_3257
翌日の日曜日は、甲子温泉「大黒屋」からスタート。
ここは秘湯の宿で、以前、ワタシのプランで裏那須連峰縦走の起点と終点にした場所です。
Img_3258
紅葉はまだまだ見ごろで、登山道はよく整備されていて歩きやすく、しかも展望良好。
Img_3260_2
甲子山山頂
前夜、とても冷えたので、周囲の山も凍りつきましたが、それがとてもキレイ。
後ろのカッコいい山は旭岳(赤崩山)。
Img_3262

以上、10月の山は終わりました。ご参加ありがとうございました。

11月は今週末の日曜日(11/6)に予定している第1回 関東ふれあいの道(神奈川県)と、来週末の11/12(土)−13(日)甲武信ヶ岳を予定していますので、どうぞよろしくお願いいたします。

2016年10月31日 (月)

二岐山&甲子山 2016/10/29(土)-30(日)

非常に冷たい寒気が入って来た週末、福島へ紅葉を観に行って来ました。

土曜日の二岐山はガスってしまいましたが、日曜日の甲子山はとても良い天気になりました。


2016年10月17日 (月)

尾瀬笠ヶ岳 2016/10/15(土)-16(日)

久しぶりの尾瀬は、大展望の笠ヶ岳へ行って来ました。

まずは先週の3連休、初冠雪って聞いたので、雪を探しに北海道へ行って来ました。
期待通りの今シーズン初の雪を体験しましたが、悪天候の中で、ケータイをイジっていたので濡れて故障し、交換となりましたとさ。

10/15(土)、もともと多くはなかったですが、キャンセルが相次ぎ、非常に寂しい人数となってしまいましたが、快晴の鳩待峠よりスタート。今日は尾瀬ヶ原の小屋までしか行きませんので、行動時間は1時間。
Img_3178
水洗トイレ、お風呂のある至仏山荘の夕食
Img_3179
早朝5時に出発し、まずは至仏山へ①
Img_3201
早朝5時に出発し、まずは至仏山へ②
Img_3202
早朝5時に出発し、まずは至仏山へ③
Img_3204
至仏山
Img_3214
中央奥は上州武尊、左はこれから通過する小至仏、右に小笠、目的地の大笠。
Img_3216
至仏山と燧ケ岳を同時に見れる場所は、なかなか無いですよ〜!(大笠の山頂直下より)
Img_3221
笠ヶ岳①
Img_3224
笠ヶ岳②
Img_3227
笠ヶ岳③

今年の尾瀬の紅葉はイマイチでした。また来年に期待します。
さて、再来週の今月最後の担当プランは、温泉旅館博で福島へ紅葉を観に行きます。今回は早出ではなく、ゆっくり朝食をいただいてから出発しますので、のんびりしたゆとりの山行となっています。
どうぞよろしくお願いいたします。

2016年10月 6日 (木)

苗場山 2016/10/3(月)-4(火)

苗場山 2016/10/3(月)-4(火)
ちょっと、ヤボ用で苗場山に行って来ました。
ずいぶんと色付いてきていましたので、今週末の豊田さん企画にご参加の方は、素晴らしい紅葉に期待してください。

2016年9月25日 (日)

三ツ石山 2016/9/24(土)-25(日)

みなさま、こんにちは。
ご無沙汰しています。
週末は久しぶりの避難小屋泊プランで、本州で一番早いと言われている岩手の三ツ石山へ行ってきました。

今回は松川温泉より反時計回りで周回しましたが、通常は時計回りで登るそうですが、大深山荘(避難小屋)に泊まる都合、逆になりました。
Img_3057_2
土曜日は快晴。岩手山もスカッと姿を現してくれました。
Img_3062
源太ヶ岳
Img_3064
大深山荘にて、ストロング祭り(注:一人分です。笑)
Img_3072
今宵の夕食は、丸ごとキャベツ鍋!
Img_3073
寒くなく、良い感じの場所でやれました。
Img_3074
翌日曜日はガス。
Img_3075
まだガスがかかっている大深岳
Img_3079
それでも紅葉はキレイ
Img_3080
三ツ石山頂直下は、結構風強し
Img_3113
大賑わいになる前の三ツ石山
Img_3117
山頂付近は寒いので、ちょっぴり移動して大休止。
Img_3120

ということで、とても愉快な山行となり、ご参加の皆様、どうもありがとうございました。

さて、ワタシの次のプランですが、10/15(土)ー16(日)に尾瀬の笠ヶ岳を予定していますので、どうぞ遊びに来てください。よろしくお願いいたします。

2016年9月21日 (水)

今週末の予定について

今週末は、大雪山と同じくらい紅葉の早い岩手県の三ツ石山を予定していますが、台風は過ぎ、紅葉もピークを迎えようとしています。

今回はホンザワ企画恒例(笑)の避難小屋泊ですので、参加される方は、防寒には充分注意してくださいね。

※写真はイメージで、三ツ石山ではありません。焼石岳(金明水避難小屋付近)です。

2016年8月29日 (月)

北ア湯俣温泉 2016/8/27(土)-28(日)

今夏のワタシのキツめの企画は全くダメでしたが、
唯一良かったのが、山に登らない温泉だけのこのプラン。(;ω;)
これはこれで楽しかったのですがね。

さて、台風の影響なのか、土曜日はあまり強くないけど雨。
よって、高瀬ダムのトンネルの中で雨対策。
Img_2951
とぼとぼ歩いて3時間で湯俣温泉「晴嵐荘」に到着。
Img_2960
温泉以外に特に他にすることもないため、いつものミーティングの後は夕食。
この日、他の客は1名だけでほぼ貸し切り。この鍋は絶品だよ〜ん!!
Img_2963
夕食1
Img_2964
夕食2
Img_2965
こんなに酒の豊富な山小屋は他にナッシング!
Img_2967
うんめえ朝食
Img_2973
翌朝、意外に温かい露天風呂を見学。
Img_2977
ここでパンツを脱いでください(笑)
Img_2979
噴湯丘見学への道
Img_2982
噴湯丘見学(水量が多くて近づけず、ちょっと遠くてよくわんない…。)
Img_2990
ということで、下山の前に、全員集合!
Img_2992
これはこれで、微妙な橋
Img_2993

ということで、今回は山に登らない企画でしたが、今回は山道が終わり、高瀬ダム沿いの林道で、
 プーさんにバッタリ。
刺激を与えてはいけないのに、いまだかつてない大声で絶叫したら、逃げてった。


ということで、何があってもよろしくお願いします。

2016年8月22日 (月)

八ヶ岳 2016/8/20(土)-21(日)

八ヶ岳 2016/8/20(土)-21(日)
先週末の土日、麻雀大会と献血の予定を変更し、太田さんのお手伝いで八ヶ岳へ行ってきました。

直前まで快晴だったのに、残念ながら、ガスっちゃった…。
しかし、全員無事に登頂しましたよ〜!

2016年8月15日 (月)

中ア空木岳 2016/8/13(土)-14(日)

中ア空木岳 2016/8/13(土)-14(日)
真夏のトップシーズンにヒマだっていうのもいかがなものですが、予定がぽっかり空いてしまったので、久しぶりに山へ行ってきました。

2016年8月 1日 (月)

南ア小太郎山 2016/7/30(土)-31(日)

南ア小太郎山 2016/7/30(土)-31(日)
梅雨明け直後の週末、爽やかに晴れた南アルプスへ行ってきました。
甲斐駒の手前のジミ〜(笑)に聳えているのが小太郎山。

2016年7月 9日 (土)

懐かしい自撮り

懐かしい自撮り
2007年9月某日早朝の戸隠

宿の車で登山口へ向かっている時、カーブを曲がりきれない対向車に突っ込まれ、ワゴン車の後部座席から吹っ飛んで、上部のエアコン吹き出し口に激突し、救急車で運ばれた時の写真が出てきたので。(笑)

2016年7月 6日 (水)

ご案内

ご案内
先週末の早池峰山は、早々に撤退したため、東北新幹線「はやぶさ(全席指定)」の指定席が買えず、(立ってませんけど 笑)、立席特急券を購入してとっとと帰宅しました。2週連続で登頂できず、非常に欲求不満…。

さて、今後の夏の予定のご案内ですが、かなり(空いていて)厳しい状況なので、どうぞ遊びに来てください。

1、7/29(金)前泊-31(日):南ア小太郎山

2、8/5(金)前泊-7:中ア将ギ頭山〜木曽駒

3、8/10(水)前泊-14(日):南ア仙塩尾根

4、8/27(土)-28(日):北ア高瀬渓谷

2016年7月 4日 (月)

八幡平 2016/7/2(土)

八幡平 2016/7/2(土)
掲載の順序が後ろ前になってしまいましたが、八幡平については、なんとか標識までは行って来れました。

また、八幡平頂上レストハウスでは、会員の方にバッタリお会いし、みんなで温泉付きの別荘にお邪魔して、美味しいコーヒーをご馳走になりました。

盛岡調査 2016/7/2(土)

盛岡調査 2016/7/2(土)
盛岡市内も豪雨だったりしたので、ホテルの近くしか行けませんでしたが、大好きな焼酎の「山ねこ、山せみ、山猿」シリーズを飲み放題、三陸沖の珍味「ホヤ刺し」をいただき、たっぷりと調査しました。(笑)

早池峰山 2016/7/3(日)

早池峰山 2016/7/3(日)
非常に強い風のため、残念ながら、2合目までしか行けませんでした。
また機会がありましたら、お越しください。

2015年3月30日 (月)

三頭山_2015/3/29(日)

先週末ですが、土曜日の午前中、ちょっとした記念品が届き、喜んでいました。
Img_1969
そしてその午後、近所の麻雀大会に出場し、みごと優勝!パチパチ!!
Img_1970
改めまして、日曜日はハセツネシリーズの三頭山。
なぜか勘違いして、集合場所の武蔵五日市駅に1時間半も前の7:30に行ってしまい、駅の観察をしました。とほほ。
Img_1971
三頭山(東峰)
Img_1972
三頭山(中央峰)
Img_1974
三頭山(西峰)
Img_1977
少し天候が微妙な日曜でしたが、なんとか降らずに保ちました。
また、三頭山の登山道は全面解凍しており、アイゼンは全く不要でした。

来月は、御前山を予定していますので、どうぞよろしくお願いいたします。

2015年3月16日 (月)

大雪山・旭岳 2015/3/14(土)前泊-15(日)

昨春も今年のお正月にも登った大雪山の旭岳へまたまた行ってきました。

今回は、羽田leftright旭川の往復便が取れたので電車は使ってませんが、行く日の土曜日には登れないため、日曜日のワンチャンスに賭けました。

登山口の旭岳温泉に到着したのは土曜日の午後2時。どんよりして曇っており、しかも吹雪いています。
Img_1885
しかし、翌朝は明るい兆しlovely
Img_1886
やっぱり晴れてる〜happy01
_dsc6279
個人の好みで、いろいろなルートで山頂を目指しています。
_dsc6280
お正月のときと異なり、今回は東からの風になってそよ風&寒くない。
_dsc6290
旭岳①

旭岳②

旭岳③
Img_1915
雪がタップリあったので、山頂から約1時間で下山しましたが、あっという間にホワイトアウト。まったく予想もできませんでした。やっぱり、雪山は楽しいけど怖いですねえ。
Img_1956