2018年6月17日 (日)

苗場山 2018/6/16(土)-17(日)

2週連続で苗場山へ行って来ました。

先週末は長野県の栄村の小赤沢三合目から上がりましたが、今回は新潟県湯沢町の和田小屋から登りました。
同じ山でもルートが異なると気分が変わるので、全然、問題ありません。
以前、伯耆大山に3日連続で上がった時がありましたが、あの時は同じルートを3連チャンでしたので、ちょっと苦痛でしたが、、、(笑)
またまたしなくても良い湯沢温泉で前泊。
(※参考までですが、ニューモンドという格安の宿です)
Img_0400
ガスってますが、梅雨で台風のわりにはまずまずの天候の登山口の和田小屋からスタート。
Img_0402
イワカガミいっぱい
Img_0404
登山道にはもう雪はありません
Img_0405
今回のというか、私の一押しはこの花!
ナエバキスミレだ!!
Img_0407
二番目は「あ○さん」が好きなシラネアオイです。
Img_0408
ガスっててもステキな苗場山の山頂湿原
Img_0411
鳥取産タマネギがメインの天ぷらでミーティング
(今年は雪解けが早すぎてフキノトウは収穫できず)
Img_0414
先週末は宿泊者が少ないのでカレーライスでしたが、今週末はちょっとやる気を出してくれました。(ナスの揚げ浸しと豚汁がチョー美味)
Img_0416
今週の寝所
Img_0413
朝食は先週と一緒なので写真は無し。
快晴の頂上湿原
Img_0421
苗場山からの神楽ケ峰
Img_0428
雷清水からの苗場山
Img_0429
7月に行く予定の平標山&仙ノ倉山
Img_0433
昼前に下山し、風呂上がりに軽くいっぱい(笑)
Img_0439
下記は本澤担当の夏の予定です、どうぞよろしくお願いいたします。
2018/7/7(土)-8(日):会津駒&中門岳
2018/7/14(土)-16(月):尾瀬(燧ケ岳〜至仏山)縦走
2018/7/27(金)前泊-29(日):中ア空木岳←中止です。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
2018/8/10(金)前泊-12(日):中ア仙丈ヶ岳
2018/8/18(土)前泊-19(日):谷川岳

2018年6月10日 (日)

苗場山 2018/6/(土)-10(日)

宮城県の虎毛山をこの日に予定していましたが、残念ながら中止になってしまいましたので、毎年恒例の大好きな苗場山へ行って来ました。

和田小屋までの道が通行止なので、栄村からの小赤沢三合目よりスタート。
Img_0353_3
若干、雪は残っていましたが、アイゼンは不要。今年の雪融けは速い。
Img_0360
入梅で天気は期待していませんでしたが、雨は降らなかったので、まあヨシ。
Img_0372
予想以上に雪が無い
Img_0376
夕食は、」あんまりやる気のないカレー。
(毎年来てれば分かります。宿泊者が多いときはカレーじゃないし。)
Img_0379
寝所は完璧!
Img_0378
朝食は好きなおかずを選べるバイキング
Img_0381
翌日、入梅の割には良い天気。
Img_0386
下山後、温泉に寄ったら寂しそうな運転手がいたのでパチリ。(笑)
Img_0398

2018年6月 3日 (日)

金峰山 2018/6/2(土)−3(日)

梅雨入り前の貴重な晴れの週末、もう石楠花が咲き始めたという情報が入って来だした奥秩父の「金峰山」へ行って来ました。

異常事態発生!
9時台のタクシーが全台予約済みにより、塩山駅から予約制のバスを乗り継いで大弛峠へ向かいます。
Img_0272
奥秩父縦走路からいきなりのスタートです。
Img_0279
難無く山頂直下へ
Img_0281
胎内くぐり?
Img_0287
金峰山
Img_0293
五丈岩
Img_0297
岩に苦戦中(笑)
Img_0300
恒例のミーティング
Img_0301
ワイン付きの夕食
Img_0303
朝食は胃に優しいお粥さん
Img_0306
お世話になった金峰山小屋(きんぽうざんごや)のご主人(吉木さん)と一緒に記念撮影
(注:目をつぶってしまったのではなく、朝日がキツくて大きく目を開けられないのでした。)
Img_0308
瑞牆山荘を目指して下山
Img_0312
富士山がステキ
Img_0314
八ヶ岳もステキ
Img_0321
いよいよシャクナゲ地帯へ突入ですが、
大日小屋から大日岩間がメインのシャクナゲロード!!
Img_0322
シャクナゲの時期に金峰山や甲武信ヶ岳を設定すると、お花を見たい登山者で小屋が大変なことになるので、今回はズラしたつもりが大当たり。数年前も同様にズラして大当たり。この山はとても相性が良いのでした。
Img_0327
大日岩ではまだまだ咲き初めで赤いツボミもかなり多数、これからしばらくはシャクナゲを楽しめそうです。
今回もユカイな方々にご参加いただきました。
Img_0335
少しは三点確保の練習になったでしょうか?(笑)
Img_0337
瑞牆山はこんな山です。いずれ行かれる方は期待してください。こちらもとても良い山です。
Img_0343
もうここ(富士見平小屋)まで来れば安心。
Img_0342
いつもは入浴せずに帰宅してしまいますが、今回は下山が早かったので、「増富の湯」に寄って帰りました。
また、八ヶ岳で開山祭をやっていたので、特急あずさが混雑することが予想されたので、入浴前に参加者全員の指定席券をケータイで(えきねっと)で確保して置いて大正解。
よって、私は韮崎駅で発券するのみでしたが、窓口で並んで買おうとしている人は全滅。
今回は山も交通も合わせて全て上手くいきました。チャンチャン。
さてさて、今週末の避難小屋泊の「虎毛山」は人気がなく中止となりました。
(。>0<。)
山頂の湿原がとてもステキなんですけど、避難小屋が好かれないのでしょうかね。
ということで、今月の私の担当企画はこれでお終いで、サブもありませんが来月、7月1日(土)は太田さんの平標山にサブで同行させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
なお、来月は下記のプランを予定していますので、もしよかったらお出かけください。
(注:もし中止になったらごめんなさい。)
2018/7/7(土)-8(日):会津駒
→駒ケ岳山頂を越えて中門岳へ行きます!
2018/7/14(土)-16(月):尾瀬
→尾瀬沼〜燧ケ岳〜尾瀬沼〜至仏山と、初夏の尾瀬を一気に縦走します!
2018/7/27(金)前泊-29(日):中ア空木岳
→とても良い山ですが非常に行きにくい山です。

2018年5月14日 (月)

蓼科山 2018/5/12(土)-13(日)

週末の土日、ちょっぴり雪が残っている蓼科山へ行って来ました。

さて今回は、初級者向けの企画で、頂上ヒュッテに宿泊するのが目的でした、実際はベテランの方々のご参加となりました(笑)
ということで、全く雪の無い最短コースの7合目よりスタート。
蓼科山荘直下でようやく雪が出てきました。
Img_0216
すでにオープンしてます、蓼科山荘。
Img_0217
山荘より上はびっちり雪があります
Img_0219
雪があったり無かったり
Img_0222
雪があるのは頂上直下まで
Img_0223
蓼科頂上ヒュッテ(もうこの先には雪はありません)
Img_0225
広〜い頂上
Img_0226
山頂!
Img_0230
恒例のミーティング
Img_0232
お茶菓子!?(笑)
Img_0233
夕食1
Img_0234
夕食2(ビーフシチューだ!)
Img_0237
朝食1
Img_0238
朝食2
Img_0239
下山のルートは全く雪はありませんでした。
Img_0242
茅野駅前の某所でミーティング(笑)
Img_0244
以上、いつもの愉快なお泊まり山行でしたが、
下記プランはまだまだ空きがありますので、
どうぞご検討ください。
2018/6/2(土)-3(日):金峰山
※今年は花が早そうなので、咲きはじめのシャクナゲに期待!
2018/6/9(土)-10(日):虎毛山
※建て替えたばかりの避難小屋利用で、頂上湿原を堪能します。
2018/7/7(土)-8(日):会津駒
※駒の小屋利用で、中門岳を目指します。
2018/7/14(土)-16(月):尾瀬国立公園縦走
※尾瀬沼〜燧ヶ岳〜尾瀬ヶ原〜至仏山と、尾瀬の良いところを網羅します。
2018/7/27(金)前泊-29(日):空木岳
※梅雨明けのトップシーズンに、短期間で中央アルプスはいかがでしょう?
2018/8/10(金)前泊-12(日):仙丈ケ岳
※南アルプスの中でも一二を争うとても綺麗な山です。
2018/8/18(土)前泊-19(日):谷川岳
※湯檜曽温泉で準備をし、トマの耳、オキの耳を目指します。

2018年4月30日 (月)

旭岳 2018/4/29(日)

ゴールデンウィーク2日目の日曜日は、大雪山の主峰「旭岳」へ行って来ました。

前日のチョー寒い十勝岳とは打って変わり、九合目まで半袖のTシャツで登れるくらいの温かさ。
晴れで視界良好、風はほとんど無く気温はプラス。
こんな日に来れてラッキーです!
なお、スキーじゃないので旭岳ピストンでは雪崩の危険はナッシング。
Img_0131
旭岳ロープウェイの姿見駅を9時半頃出発
Img_0132
気持ちん良かな大斜面
Img_0137
だいぶ融けてはいましたが登山道にはまだ雪が残っています
Img_0139
9合目付近はところどころ岩が露出していますが、アイゼンさえ履いていれば特に問題無し。
Img_0142
金庫岩を越えた辺りの山頂直下
Img_0146
旭岳
恒例行事(笑)
Img_0148
黒岳方面に縦走してみたいなあ
Img_0152
下山中のおまけ

キタキツネがウロチョロ

十勝岳 2018/4/28(土)

ゴールデンウィーク初日の土曜日、北海道の十勝岳へ友人と遊びに行って来ました。

その日は何故かチョー冷たい風が吹き荒れ、まるで冬に戻ったかのような寒さでしたが、なんとか無事に登頂しました。
早朝は晴れてたんですがねえ。
とりあえず、望岳台から出発します。
Img_0090
春ですねえ。
ところどころ、岩が露出しています。
Img_0096
ダラダラと進みます。
Img_0097
素晴らしい大斜面
Img_0100
避難小屋が目印
Img_0101
避難小屋から先はちょっと傾斜がキツくなって来ます
Img_0105
ここいら辺ではすでに指が痛く、かなり寒かったです。
Img_0106
山頂直下(左側から回り込みます)
Img_0109
十勝岳
私の休日に今回も付き合ってくれたのは関西のお友だち
Img_0112
この辺りは風がやんわり
ガスって来たけど、気分は晴れやか!
Img_0118

2018年4月23日 (月)

谷川岳 2018/4/21(土)

先週末の土曜日、今年2度目の谷川岳に行ってきました。

昨年の今頃は1勝2敗でしたが、今年は2戦2勝となかなかの成績です。(笑)
先月(3月)に比べ、天神平もずいぶん雪が減りました。
雪が融けて登山道が出てきた分、ちょっぴり危ないので要注意です。
Img_0052
谷川岳も「白」が減りました。
Img_0054
トレースばっちり
Img_0055
熊穴沢避難小屋
入口をキチンと閉めていなかったのか、雪で押されて外れていました。
戸締り忘れずに!!
Img_0057
天神尾根の登山道ですが、天狗の留まり場から手前がずいぶんと出ていた為、とても登りにくかったです。登山道を嫌い、雪を拾って登ると、結構亀裂が走っていてちょっぴり緊張。。。
Img_0059
山頂直下の肩の小屋はまだ営業していませんでした。
Img_0073
谷川岳(トマの耳)
大斜面の下山は特に楽しいですねえ
Img_0074
ということで、ゴールデンウィークは野暮用で調査に出かけますが、明けたら雪が残ってるかもしれない「蓼科山」を予定していますので、興味のある方はお出かけくださいね。

2018年4月 7日 (土)

青ケ島 2018/2/17(土)-18(日)

Topimg

Facebookをやらない私の企画によく参加して下さる会員の方より、ブログを更新して欲しいと要望があったため、個人山行を含め、これからはもう少し頑張って更新します。

ブログは物語を構成して投稿するので、申し訳ありませんが最近はサボっていました。
さて、先々月の話ですが、東京の秘境といえば、小笠原諸島とよく言われますが、もっと行きににくくて帰りにくいアクセス難度S級の島「青ケ島」へ行ってきました。
条件が揃えば、1泊2日でチョイチョイと行って帰って来れますが、そうでない場合、実際、私の行ったときにいつ帰れるか分からないという方がいらっしゃいました。
1日1便(定員9名)のヘリコプターで八丈島から向かいます。
八丈島から定期船もありますが、就航率(欠航率)50%ではやっぱりヘリを使いますよねえ!?
Img_1465
八丈島→青ケ島(約20分)
宿の写真はありませんが、今回は元村長の民宿「マツミ荘」に泊まりました。
亡くなった奥さまの名前の宿で、青ヶ島名産の度数の高い「青酎」をご馳走になりました。
行かれる方にはお勧めします!
翌日曜日は9:45に帰るので、今日中に歩いて観光します。
まずは島最高点の大凸部(おおとんぶ)
簡単に説明すると、こんな火山の島で、温泉(お湯)はありませんが、サウナは体験してきました。
Img_1484
自然の蒸気で蒸し物ができます。
あのチョー臭いクサヤもマイルドに(笑)
Img_1486
Img_1485
2/18(日)帰る日のヘリポート
1日1往復しか無いので、時刻表がシンプル。
昨日も今日も船が欠航、または引き返しているので、ヘリを利用した人以外、人の出入りが全くありません。
Img_1492

搭乗前の身体検査(青ヶ島)

このヘリで八丈島へ帰ります
毎度のことですが、ちょっぴり遠方に行くと、乗り換え時間が非常に長いため(今回は4時間)、スーパーでお買い物してベンチで一杯いっぱい!!
Img_1497
今回の島はアップダウンもさることながら、結構長距離を歩く楽しいトレッキングの旅になりました。クルマを使ったらあっという間ですが、もし行かれるなら、歩いた方が満喫出来ますね。
なお、八丈島からフェリーで行かれる方は、行けたらラッキー、帰れたらラッキーなくらいな感じで余裕を持って行ってください。スケジュール変更が許されない方は、絶対にきっちり往復ヘリを予約してください。

2018年4月 5日 (木)

谷川岳 2018/3/23(金)前泊-24(土)

ブログを更新していないので、「最近、山に行ってないの?」と会員の方に言われたので、先日、先輩と行ったのを載せます。

※たまに山に行ってます!やっぱり、雪が好きなんです!!
さて、金曜日の午後、少し早めに退社して新幹線に飛び乗り、なじみの宿「湯檜曽温泉 永楽荘」にて、関西からの仲間たちと合流し、前夜祭!!
(注:今夏、この宿に前泊しての谷川岳を予定しています)
Img_0013
お馴染みの天神平スキー場からの谷川岳。
Img_0015
ひと登りして休憩。快晴のスキー場なのにガラガラ。
登山者の方が多いかも!?
Img_0016
熊穴沢避難小屋は全く出ていません、足の下。
昨年、悪天候によりこの方達はここまでしか登れませんでした。
今年は全然 違う!
Img_0019
この皆さんは、遠い遠い関西から半日かけて、車できてくれました。
休憩
Img_0023
谷川岳2(トマの耳)
谷川岳3
仲良しの先輩とパチリ!
Img_0026
今月の私のプランは八王子八峰縦走その1を予定しています。
また、来月は大展望の山頂の小屋に宿泊し、若干の雪が期待できる蓼科山を予定していますので、どうぞよろしくお願いいたします。

2018年2月10日 (土)

北八ヶ岳 天狗の奥庭 2018/1/20(土)-21(日)

報告が大変遅くなりましたが、本年初のプランで、北八ヶ岳の高見石小屋利用で雪山を周遊して来ました。

まずは登山口の「渋の湯」からスタートですが、諏訪湖辺りにも同じ名称の温泉があります。マジで間違えた方がいらっしゃいましたので、初めての方はとくにご注意ください。
Img_1416
今年は雪がたっぷり。
Img_1421
賽の河原
Img_1422
高見石小屋に早々に到着したので、片道15分程度の「中山」に登りました。
注:お疲れの方はお留守番
Img_1426
「おこた」で恒例のミーティング
Img_1428
夕食は何とも不思議な「シチューライス」と謎の揚げ物
Img_1430
この小屋、ちょっと暗いんです。
Img_1431
高見石小屋周辺図
Img_1432
ゆっくりスタート
Img_1433
今日も快晴
Img_1434
中山展望台
天狗の奥庭
左が東天狗、右が西天狗
Img_1441
雪山って、イイよね〜🎵
Img_1438
ということで、今月はありませんが、来月の3/17(土)-18(日)にまたまた北八ヶ岳ですが、「北横岳(雪山入門)」を予定していますので、もし良かったら 遊びにきてください。
どうぞよろしくお願いいたします。

«甲斐駒ケ岳 2018/1/5(金)-6(土)

フォト
無料ブログはココログ